■ 最新の公演情報

!! 2016-2017 LINE UP !!

「ゴールデン街★青春酔歌 〜オヤジん夢は夜ひらく〜」

宣伝写真

2015年、戦後70年の夏に上演され、多世代を魅了した話題作がアンコールの声に応えてついに再演!

ポップでリアル、現代日本の姿を市井の感性で描く
かつて青春VSいま青春の酔いどれ賛歌

異色の元文部官僚にして、現在も教育を主軸に様々なフィールドで活躍する寺脇研(京都造形芸術大学教授)が自らの青春時代に想を得た原案を、大胆かつ繊細な脚本に仕上げた高橋郁子(idenshi195 主宰)、 生き生きとした演出でゴールデン街を舞台に載せたサカイハルト(激弾 BKYU 主宰)が、再び強力なタッグでアンコールの声に応えます。

1970年、戦後25年目の青春時代を、いま還暦を迎えた男たちがどう捉え語るのか。
現在・過去・未来を行き来する青春を主軸に、再演では若者と年長者の間に生まれる世代間対立が加わり、さらにパワーアップした舞台となります。

若者と、かつて若者だった者が、 互いに傷つけ傷つきながら大人の階段を上ってゆく、古代の昔から変わらない普遍的な真理。誰もが思い当たる青春の日々が、そこにあります。
はたして、歳月は、少年から大人へと変貌するに十分な時間だったのか。
今宵も、ゴールデン街の片隅で、忘れようとしていた夢がひらきます。

前作同様、還暦を迎えた男たちを演ずるのは、落語家として活躍著しい桂 扇生、立川談幸、初音家左橋の三師匠。
迎え撃つのはベテラン舞台女優とフレッシュな若手俳優たち。
打々発止で繰り広げる、笑いあり哀愁あり青春まっただ中な物語に、乞うご期待!

劇 場
日 程

2017年7月26日(水)〜 7月31日(月)

 
  7/24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29(土) 30(日)
13:00             ●13:00
14:00     ●14:00 ●14:00 ●14:00 ●14:00  
15:00              
17:00             ●17:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  7/31(月) 8/1(火) 2(水) 3(木) 4(金) 5(土) 6(日)
13:00              
14:00              
15:00 ●15:00            
17:00              
19:00              
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

前売開始

2017年5月20日(土)

チケット 指定/自由

一般席(指定席)/4,000円 ベンチ席(自由席)/2,000円  

キャスト

桂扇生 立川談幸 初音家左橋 難波真奈美 青木寿江 ぎぃ子 木村大幹

スタッフ

原案:寺脇研 脚本:高橋郁子 演出:サカイハルト

このページのトップへ ▲ 20170516

「 奇想の前提 」

宣伝写真

M県S群の南端
I湾が太平洋とつながるあたり
そこには直径二里にも足らない小島が浮いている
きみは知っているだろうか
この荒れはてた場所が
かつて「パノラマ島」と呼ばれていたことを

■チケット先行発売
受付期間
2017年6月1日[木]11:00〜4日[日]23:59まで 

7/21[金]〜7/24[月]6ステージ 3700円[送料無料]
7/25[火]〜7/30[日]9ステージ 4000円[送料無料]

ご予約はこちらから

劇 場
日 程

2017年7月21日(金)〜 7月30日(日)

 
  7/17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日)
14:30           ●14:30 ●14:30
19:30         ●19:30 ●19:30  
  7/24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29(土) 30(日)
14:30 ●14:30   ●14:30 ●14:30   ●14:30 ●14:30
19:30 ★19:30 ●19:30 ●19:30 ★19:30 ●19:30 ●19:30  
  • ★=終演後、ポストパフォーマンストークを開催予定。

前売開始

2017年6月6日(火)

チケット 全席指定

前売/4,000円 当日/4,500円 U25割引/3,500円(前売当日共・当日要身分証)

 
キャスト

青山祥子 江藤修平 奥野亮子(鵺的) 金子鈴幸(コンプソンズ) 木下祐子 佐藤誓(アクトレインクラブ) 中村暢明(JACROW) 中山朋文(theater 045 syndicate) 福永マリカ 安元遊香(Saliva) 夕沈(少年王者舘)

スタッフ

作:高木登 演出:寺十吾 舞台監督:田中翼・中野聡 演出助手:中山朋文 演出助手補佐:大島寛史(チリアクターズ) ドラマターグ:中田顕史郎 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 音楽:坂本弘道 音響:岩野直人(STAGE OFFICE) 舞台美術:袴田長武+鴉屋 衣装・ヘアメイクディレクション:るう(ROCCA WORKS) 宣伝美術:詩森ろば(風琴工房) 宣伝美術写真撮影:橋本恵一郎 舞台写真撮影:石澤知絵子 ビデオ撮影:安藤和明(C&Cファクトリー) 制作:鵺的制作部・J-Stage Navi 制作協力:contrail

協 力

コンプソンズ 少年王者舘 千賀ゆう子企画 チリアクターズ JACROW Saliva theater 045 syndicate tsumazuki no ishi アクトレインクラブ (株)キャストパワー ザズウ (株)トランスパレンチ (有)レトル

企画・製作

鵺的

このページのトップへ ▲ 20170528

「ヤング&ワイルド&フリー」

宣伝写真

ヤング&ワイルド&フリー(若くて勝手気まま)な魂で
この夏、一人芝居の極限に挑む!

劇 場
日 程

2017年7月12日(水)〜 7月17日(月)

 
  7/10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日)
14:00             ●14:00
15:00              
19:00     ●1900 ●1900 ●1900 ●1900 ●1900
  7/17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日)
14:00              
15:00 ●15:00            
19:00              
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 未就学児童は入場不可。

前売開始

2017年5月26日(金)

チケット 全席指定

前売/4,700円 当日/5,000円  

キャスト

入江雅人

スタッフ

演出:入江雅人 作:古田新太・ブルー&スカイ・入江雅人 美術:佐々木文美 照明:松村光子 音響:山田雅人(サウンドキャラウェイ) 映像:手代木梓・ムーチョ松村(トーキョースタイル) 衣装:畑久美子 ヘアメイク:福島久美子 舞台監督:Stage Doctor CO.Ltd. 制作:島田敦子・早川あゆ(J-Stage Navi) 宣伝美術:細野健 チラシイラスト:大橋裕之・奥田亜紀子 協力:キューブ・ダックスープ 企画・製作:入江雅人

このページのトップへ ▲ 20170522

「 第55回パリ祭 」

宣伝写真

劇 場
日 程

2017年7月8日(土)〜 7月9日(日)

 
  7/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
17:00           ●17:00 ●17:00
  • ※ 開場は開演の45分前。

前売開始

2017年3月20日(月祝)

チケット 全席指定

S席/10,000円 A席/7,000円 B席/4,000円  

8日出演

中村雅俊(ゲスト) 加藤登紀子 佐々木秀実 菅原洋一 前田美波里 美川憲一 ROLLY 他  

9日出演

清水ミチコ(ゲスト) 秋元順子 姿月あさと 高畑淳子 ピーター 山本リンダ ROLLY 他  

このページのトップへ ▲ 20170315

「 残夏 -1945- 」

宣伝写真

「聞かせて下さい あなたの手に残された夏を――――」

夏実は離婚した夫との間に生まれた耳の聞こえない娘の結と二人暮らしの雑誌記者。
夏実と結の関係は断絶しようとしていた。
夏実は自分の母、康子と思春期に断絶して以来、必要以上に会わずに人生を過ごして来た。
ある日、終戦七〇周年の記事の一端を任された夏実は母のことに思い至る。
母はろう者で、終戦間際の長崎で生まれ、被爆している。
被爆したろう者の体験談を聞こうと夏実は通訳を依頼する。
通訳者としてきたのは元夫である沢口だった。
広島で、ろう者の語る壮絶な被爆体験は夏実に母を思い起こさせる。
夏実は通訳である沢口を伴って帰郷。母娘はひさしぶりの対面を果たす。
「同じだ。わたしは大嫌いだったこの人と同じ母親になっているんだ‥‥。」
やがて通訳を介して語られる母の半生。そして母の両親の被爆──
もつれて、からまって、途切れているようで繋がっている、七〇年の母娘の物語。

【音声ガイド&舞台説明会】
開場の30分前に集合
詳しくはJ-Stage Navi(03-5912-0840 平日11:00〜18:00)までお問い合わせください。


【バリアフリーサポート】
<サービスのお申し込みは劇場【座・高円寺チケットボックス】
03-3223-7300・ FAX:03-3223-7501・E-Mail:ticket@theatre-koenji.jpまで>
*託児サービス(定員あり・対象年齢1歳〜未就学児・1週間前までに要予約)料金:1,000円。
*車椅子スペースをご利用の方は、前日までにお申し込みください(定員あり)。
*車椅子スペースをご利用の方の介添人の方1名は無料でご入場いただけます。
*盲導犬・聴導犬をお連れのお客様でもご入場いただけます。(予約不要)
*今回は主催者の希望により障がい者割引はございません。

劇 場
日 程

2017年7月5日(水)〜 7月9日(日)

 
  7/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
13:00         ★◎13:00 ★◎13:00 ●13:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ★19:00    
  • ※ ★=音声ガイド&舞台説明会 ◎=託児サービスあり(上記説明文をご確認ください)

  • ※ 耳の聞こえない方にもわかるよう字幕や手話を工夫しております。

  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 未就学児はご入場いただけません。

前売開始

2017年4月1日(土)

チケット 全席指定

前売・当日共 一般/4,000円 シニア・学生(大学生以下)/3,500円(シニアは年齢が確認できるもの、学生は学生証をお持ちください)  

キャスト

五十嵐由美子 日野原希美 渡辺英雄 貴田みどり 砂田アトム 宮崎陽介 西田夏奈子 雫境 大橋ひろえ

スタッフ

演出:野美子 脚本:米内山陽子(チタキヨ) 舞台監督:清水義幸(カフンタ) 舞台美術:佐藤朋有子 照明:鈴木雅貴 音響:荒木まや 音楽:芳賀一之 衣裳:川口知美(COSTUME80+) 映像:内藤秀雄 音声ガイド:檀鼓太郎 字幕翻訳:丸山垂穂 宣伝美術:雪丸 演出助手:田中結夏 広島手話指導:平井見奈 長崎手話指導:荒木宏彦 広島方言手話指導:信國輝彦(株式会社エコーズ) 長崎手話方言指導:日野原希美 手話指導:佐沢静枝 手話通訳:SAP.AZNプロジェクト アクセスコーディネーター:SAP.AZNプロジェクト 制作:J-Stage Navi プロデューサー:大橋ひろえ 企画・製作:サイン アート プロジェクト.アジアン 参考文献:仲川文江・尾崎孝「沈黙のヒロシマ」(2007 文理閣)

提 携

NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

後 援

杉並区

主 催

サイン アート プロジェクト.アジアン

このページのトップへ ▲ 20170330

「 怪人21面相 」

宣伝写真

『どくいり きけん たべたら しぬで』
警視庁広域重要指定第114号事件。
未解決のまま幕を閉じたこの事件は、うだる程の熱量を孕んだ劇場型犯罪であり、犯人グループの仕掛けた壮絶な心理戦争である。
要求総額は二十五億円。応じなければ、貴社の製品に青酸を混入する。
会社役員。新聞記者。暴力団員。公安刑事。
腐れ爛れ堕ちながら、犯罪の快楽に踊り続けた四人の男。

先行予約を行います!
2017年5月18日(木)10:00〜20日(日)23:59
ご予約はこちらから

劇 場
日 程

2017年6月19日(月)〜 6月26日(月)

 
  6/19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24(土) 25(日)
13:00           ●13:00 ●13:00
14:00   ●14:00   ●14:00      
18:00           ●18:00  
19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00    
  6/26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 7/1(土) 2(日)
13:00              
14:00 ●14:00            
18:00              
19:00              
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

  • ※ 開演時間を過ぎてご来場されたお客様は、指定のお席にご案内できない場合がございます。お早めにご来場くださいますようおねがいいたします。

前売開始

2017年5月20日(土)

チケット 全席指定

前売当日共/4,000円 学生割引(J-Stage Naviのみ取扱)/2,500円 ※当日引換・要学生証提示  

キャスト

俵木藤汰(ラッパ屋) 木内秀信 小林大介(花組芝居) 石田佳央

スタッフ

演出:和田憲明 脚本:野木萌葱 美術:塚本祐介 照明:佐藤公穂 音響:長柄篤弘(ステージオフィス) 衣裳:牧野iwao純子(ダダグラム) 舞台監督:澤麗奈 演出助手:高橋花衣 特殊効果:Vanity Factory 宣伝美術:根岸慶子(K-dash design) 制作:石井久美子・J-Stage Navi 制作協力:石井光三オフィス 企画製作:ウォーキング・スタッフ

協 力

アルファエージェンシー 大沢事務所 花組芝居 ミーアンドハーコーポレーション パラッドックス定数 ラッパ屋

このページのトップへ ▲ 20170516

「 これはあなたのもの 1943−ウクライナ」

宣伝写真

地人会新社第7回公演は、2017年にノーベル化学賞受賞を福井謙一さんと受賞した化学者、ロアルド・ホフマン作、『これはあなたのもの 1943-ウクライナ』です。
ノーベル文学賞を受賞した劇作家はバーナード・ショー・ユージン・オニール・ハロルド・ピンターなど多数いますが、化学賞の受賞者が劇作家でもあるという事は、極めて珍しく、今回日本での上演は、昨秋の名古屋工業大学での公演に続いてのことです。

1937年、かつてはポーランドであった現在のウクライナに、ユダヤ系ポーランド人として生まれたホフマン氏は、第二次世界大戦中のナチスによる迫害の間、母親と共にウクライナ人の家庭の屋根裏部屋にかくまわれていました。その5歳だったころの自らの体験と、アメリカに渡り成功を収めた現在が交錯する、ヒューマニズム溢れる作品です。

[お話し]
戦後アメリカに渡り、内科医として成功をおさめたエミール(吉田栄作)。妻・タマール(保坂知寿)と二人の子供(万里紗・田中菜生)、そして母・フリーダ(八千草薫)と暮らしている。フリーダはウクライナでの記憶を消すかのごとく、当時の事を語らない。その上、かくまってくれていたウクライナ人・オレスコ氏についても時折複雑な思いを口にするだけだ。 学校でホロコーストの事が課題となっている17歳になる孫娘の質問攻めに、少しずつ話はじめるフリーダ。そんなある日、オレスコ氏の娘アーラ(かとうかず子)が尋ねてくる…。

劇 場
日 程

2017年6月15日(木)〜 6月25日(日)

 
  6/12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
14:00         ●14:00 ●14:00 ●14:00
18:30       ●18:30      
19:00              
  6/19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24(土) 25(日)
14:00   ●14:00   ●14:00 ●14:00 ●14:00
18:30            
19:00 ●19:00   ●19:00      
前売開始

2017年5月9日(火)

チケット 全席指定

A席/7,000円 B席/5,500円 25歳以下:3,000円 ★15日のみ 全席/5,000円 25歳以下/2,000円  

キャスト

八千草薫 吉田栄作 保坂知寿 かとうかず子 万里紗 田中菜生

スタッフ

作:ロアルド・ホフマン 訳:川島慶子 演出:鵜山仁 美術:乘峯雅寛 照明:沢田祐二 衣裳:伊藤早苗 音響:秦大介 ヘアメイク:前田節子 演出助手:藤代修平 舞台監督:小川 亘 製作:渡辺江美

このページのトップへ ▲ 20170505

「 ピラニアの甘噛み 」

宣伝写真

全員、悪い奴。悪い奴で世直しだ。

田舎町・人間市のろくでもない二家族、片野家と宗川家。
空家を挟んで醜くいがみ合う両家は、近隣住民に騒音と悪臭を撒き散らしながら不毛な争いを続けていた。
そこへ、空き家の持ち主の老婦人が数十年ぶりにこの町に帰ってくる。
空き家を壊しマイホームを建てたい孫夫婦も擦り寄ってくる。さらに、土地を買い上げ市道工事を行いたい市長と建設業者に、遺跡発掘に燃える元教師も加わり……
正義感など全く持ち合わせていない人々の自己保身とむき出しの欲望蠢く人間模様の中、三軒並んだ欠陥住宅が不気味な軋みを響かせる……

劇 場
日 程

2017年6月13日(火)〜 6月18日(日)

 
  6/12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
14:00       ●14:00   ●14:00 ●14:00
18:00           ●18:00  
19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00    
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内できない場合がございます。

  • ※ 未就学児童のご入場はご遠慮頂いております。

前売開始

2017年4月5日(水)

チケット 全席指定

前売/4,200円 当日/4,500円 学生/3,000円(J-Stage Naviのみ取扱い、要学生証)  

キャスト

今井田智 中山来未 コビヤマ洋一(路地裏月光堂) 水島よう子 羽鳥友子(演劇レーベルBö-tanz) 磯村智彦(花組芝居) 川崎誠一郎 入月謙一(月歌舎) 中谷守男(劇団ギルド) 岡村勝之(劇団ギルド) 光希 谷川功(崖っぷちウォリアーズ) 丸山哲朗(T1project) 東虎之丞 永岡みゆき 芳賀美咲 松岡哲永

スタッフ

作:池田真一 演出:木村ひさし 演出補:入月謙一(月歌舎)・松岡哲永 美術:竹内公一 美術補・小道具:竹内悦子 照明:竹内右史(Office Bamboo) 音響:佐久間修一 衣装:MIXX JUICE 舞台監督:松岡哲永 宣伝美術 画:田中浩之 デザイン:小檜山長代(路地裏月光堂) 撮影:木村真一 制作:J-Stage Navi プロデューサー:今井田智・松岡哲永 プロデューサー補:小笠原浩司

協 力

オレガ 路地裏月光堂 演劇レーベルBö-tanz 花組芝居 月歌舎 劇団ギルド 崖っぷちウォリアーズ T1project 魂込めて新日本プロレス 串カツ若菜 NOAH小僧(新井康祐) 村上隆文 RUF

このページのトップへ ▲ 20170402

「 幕末疾風伝 MIBURO 〜壬生狼〜 」

宣伝写真

明治期に絶滅したニホンオオカミを探すために入った山で遭難した兄と妹。
離れ離れになった二人が再会したのは、なぜか幕末の京都だった。
生きていくためにやむなく入隊した「新選組」で仲間たちに囲まれた日々を送るうちに、
やがて二人は、現代にいた頃には見失っていた『生きていく意味』を見出していく。
だが無情にも、サムライの時代の終焉はすぐそこまで迫っていた……。

「人斬りオオカミ」と蔑まれながらも、幕末を颯爽と駆け抜けた新選組を新たな視点で描く
底抜けに明るくて、狂おしいほど切ない、、、血まみれの青春群像劇


先行予約を行います!

2017年 3月18日(土)10:00 〜 20(月祝)23:59
J-Stage Navi WEB予約のみ
特典1■当日劇場にて公演パンフレット(1,000円相当)をプレゼント!
特典2■優先的に良席を確保致します。

ご予約はこちら

劇 場
日 程

2017年5月19日(金)〜 5月21日(日)

 
  5/15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20(土) 21(日)
13:00           A13:00 B13:00
18:00           B18:00  
19:00         A19:00    
  • ※ 開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

  • ※ 未就学児童の入場はご遠慮ください。

  • ※ 開演時間を過ぎてのご入場は、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

前売開始

2017年3月21日(火)

チケット 全席指定

前売当日共 5,000円  

キャスト

小黒雄太 平井紀子 伊緒里優子 さいとうまこと 稲益佑亮 沖田浩一 米倉啓 虎玉大介 松田優(特別出演) 葉月美沙子 高野璃奈 関聡美 菅谷弥生(A) 運天裕人(B) 中村花 坂井雄大 外将太 永井大貴 市川健太 大川こはる 藍追悠 柘植美咲 加藤成美 藤島ゆかり 板敷輝 吉澤悠吾 柴田祥吾 木村龍介 林彬 西嶋咲紀 工藤ゆいか 緑川雪 瑞縁ほのか 野澤俊洋 後藤健斗 酒井晴香 泉水静紀 大屋美礼 篠田敦子

スタッフ

脚本:伊緒里優子 演出:池田建太 舞台監督:池田建太 照明:荒巻久登 音響:山田卓司 殺陣振付:池田建太 日舞振付:高野璃奈 宣伝美術:ラヴ&ピース川津  題字:金井麗雲(+new Company) 制作:J-Stage Navi 企画製作:TAFプロデュース

協 力

士剣流流殺陣道場 劇団SAKURA前戦 八百広 俳協 ジェイコム足立  葛飾FM 丸武産業(株)

このページのトップへ ▲ 20170315

Copyright 2008 - 2014 J-Stage Navi All rights reserved.

このページのトップへ ▲