「 第55回パリ祭 」

宣伝写真

劇 場
日 程

2017年7月8日(土)〜 7月9日(日)

 
  7/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
17:00           ●17:00 ●17:00
  • ※ 開場は開演の45分前。

前売開始

2017年3月20日(月祝)

チケット 全席指定

S席/10,000円 A席/7,000円 B席/4,000円  

8日出演

中村雅俊(ゲスト) 加藤登紀子 佐々木秀実 菅原洋一 前田美波里 美川憲一 ROLLY 他  

9日出演

清水ミチコ(ゲスト) 秋元順子 姿月あさと 高畑淳子 ピーター 山本リンダ ROLLY 他  

このページのトップへ ▲ 20170315

「 残夏 -1945- 」

宣伝写真

「聞かせて下さい あなたの手に残された夏を――――」

夏実は離婚した夫との間に生まれた耳の聞こえない娘の結と二人暮らしの雑誌記者。
夏実と結の関係は断絶しようとしていた。
夏実は自分の母、康子と思春期に断絶して以来、必要以上に会わずに人生を過ごして来た。
ある日、終戦七〇周年の記事の一端を任された夏実は母のことに思い至る。
母はろう者で、終戦間際の長崎で生まれ、被爆している。
被爆したろう者の体験談を聞こうと夏実は通訳を依頼する。
通訳者としてきたのは元夫である沢口だった。
広島で、ろう者の語る壮絶な被爆体験は夏実に母を思い起こさせる。
夏実は通訳である沢口を伴って帰郷。母娘はひさしぶりの対面を果たす。
「同じだ。わたしは大嫌いだったこの人と同じ母親になっているんだ‥‥。」
やがて通訳を介して語られる母の半生。そして母の両親の被爆──
もつれて、からまって、途切れているようで繋がっている、七〇年の母娘の物語。

【音声ガイド&舞台説明会】
開場の30分前に集合
詳しくはJ-Stage Navi(03-5912-0840 平日11:00〜18:00)までお問い合わせください。


【バリアフリーサポート】
<サービスのお申し込みは劇場【座・高円寺チケットボックス】
03-3223-7300・ FAX:03-3223-7501・E-Mail:ticket@theatre-koenji.jpまで>
*託児サービス(定員あり・対象年齢1歳〜未就学児・1週間前までに要予約)料金:1,000円。
*車椅子スペースをご利用の方は、前日までにお申し込みください(定員あり)。
*車椅子スペースをご利用の方の介添人の方1名は無料でご入場いただけます。
*盲導犬・聴導犬をお連れのお客様でもご入場いただけます。(予約不要)
*今回は主催者の希望により障がい者割引はございません。

劇 場
日 程

2017年7月5日(水)〜 7月9日(日)

 
  7/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
13:00         ★◎13:00 ★◎13:00 ●13:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ★19:00    
  • ※ ★=音声ガイド&舞台説明会 ◎=託児サービスあり(上記説明文をご確認ください)

  • ※ 耳の聞こえない方にもわかるよう字幕や手話を工夫しております。

  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 未就学児はご入場いただけません。

前売開始

2017年4月1日(土)

チケット 全席指定

前売・当日共 一般/4,000円 シニア・学生(大学生以下)/3,500円(シニアは年齢が確認できるもの、学生は学生証をお持ちください)  

キャスト

五十嵐由美子 日野原希美 渡辺英雄 貴田みどり 砂田アトム 宮崎陽介 西田夏奈子 雫境 大橋ひろえ

スタッフ

演出:野美子 脚本:米内山陽子(チタキヨ) 舞台監督:清水義幸(カフンタ) 舞台美術:佐藤朋有子 照明:鈴木雅貴 音響:荒木まや 音楽:芳賀一之 衣裳:川口知美(COSTUME80+) 映像:内藤秀雄 音声ガイド:檀鼓太郎 字幕翻訳:丸山垂穂 宣伝美術:雪丸 演出助手:田中結夏 広島手話指導:平井見奈 長崎手話指導:荒木宏彦 広島方言手話指導:信國輝彦(株式会社エコーズ) 長崎手話方言指導:日野原希美 手話指導:佐沢静枝 手話通訳:SAP.AZNプロジェクト アクセスコーディネーター:SAP.AZNプロジェクト 制作:J-Stage Navi プロデューサー:大橋ひろえ 企画・製作:サイン アート プロジェクト.アジアン 参考文献:仲川文江・尾崎孝「沈黙のヒロシマ」(2007 文理閣)

提 携

NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

後 援

杉並区

主 催

サイン アート プロジェクト.アジアン

このページのトップへ ▲ 20170330

「 怪人21面相 」

宣伝写真

『どくいり きけん たべたら しぬで』
警視庁広域重要指定第114号事件。
未解決のまま幕を閉じたこの事件は、うだる程の熱量を孕んだ劇場型犯罪であり、犯人グループの仕掛けた壮絶な心理戦争である。
要求総額は二十五億円。応じなければ、貴社の製品に青酸を混入する。
会社役員。新聞記者。暴力団員。公安刑事。
腐れ爛れ堕ちながら、犯罪の快楽に踊り続けた四人の男。

先行予約を行います!
2017年5月18日(木)10:00〜20日(日)23:59
ご予約はこちらから

劇 場
日 程

2017年6月19日(月)〜 6月26日(月)

 
  6/19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24(土) 25(日)
13:00           ●13:00 ●13:00
14:00   ●14:00   ●14:00      
18:00           ●18:00  
19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00    
  6/26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 7/1(土) 2(日)
13:00              
14:00 ●14:00            
18:00              
19:00              
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

  • ※ 開演時間を過ぎてご来場されたお客様は、指定のお席にご案内できない場合がございます。お早めにご来場くださいますようおねがいいたします。

前売開始

2017年5月20日(土)

チケット 全席指定

前売当日共/4,000円 学生割引(J-Stage Naviのみ取扱)/2,500円 ※当日引換・要学生証提示  

キャスト

俵木藤汰(ラッパ屋) 木内秀信 小林大介(花組芝居) 石田佳央

スタッフ

演出:和田憲明 脚本:野木萌葱 美術:塚本祐介 照明:佐藤公穂 音響:長柄篤弘(ステージオフィス) 衣裳:牧野iwao純子(ダダグラム) 舞台監督:澤麗奈 演出助手:高橋花衣 特殊効果:Vanity Factory 宣伝美術:根岸慶子(K-dash design) 制作:石井久美子・J-Stage Navi 制作協力:石井光三オフィス 企画製作:ウォーキング・スタッフ

協 力

アルファエージェンシー 大沢事務所 花組芝居 ミーアンドハーコーポレーション パラッドックス定数 ラッパ屋

このページのトップへ ▲ 20170516

「 これはあなたのもの 1943−ウクライナ」

宣伝写真

地人会新社第7回公演は、2017年にノーベル化学賞受賞を福井謙一さんと受賞した化学者、ロアルド・ホフマン作、『これはあなたのもの 1943-ウクライナ』です。
ノーベル文学賞を受賞した劇作家はバーナード・ショー・ユージン・オニール・ハロルド・ピンターなど多数いますが、化学賞の受賞者が劇作家でもあるという事は、極めて珍しく、今回日本での上演は、昨秋の名古屋工業大学での公演に続いてのことです。

1937年、かつてはポーランドであった現在のウクライナに、ユダヤ系ポーランド人として生まれたホフマン氏は、第二次世界大戦中のナチスによる迫害の間、母親と共にウクライナ人の家庭の屋根裏部屋にかくまわれていました。その5歳だったころの自らの体験と、アメリカに渡り成功を収めた現在が交錯する、ヒューマニズム溢れる作品です。

[お話し]
戦後アメリカに渡り、内科医として成功をおさめたエミール(吉田栄作)。妻・タマール(保坂知寿)と二人の子供(万里紗・田中菜生)、そして母・フリーダ(八千草薫)と暮らしている。フリーダはウクライナでの記憶を消すかのごとく、当時の事を語らない。その上、かくまってくれていたウクライナ人・オレスコ氏についても時折複雑な思いを口にするだけだ。 学校でホロコーストの事が課題となっている17歳になる孫娘の質問攻めに、少しずつ話はじめるフリーダ。そんなある日、オレスコ氏の娘アーラ(かとうかず子)が尋ねてくる…。

劇 場
日 程

2017年6月15日(木)〜 6月25日(日)

 
  6/12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
14:00         ●14:00 ●14:00 ●14:00
18:30       ●18:30      
19:00              
  6/19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24(土) 25(日)
14:00   ●14:00   ●14:00 ●14:00 ●14:00
18:30            
19:00 ●19:00   ●19:00      
前売開始

2017年5月9日(火)

チケット 全席指定

A席/7,000円 B席/5,500円 25歳以下:3,000円 ★15日のみ 全席/5,000円 25歳以下/2,000円  

キャスト

八千草薫 吉田栄作 保坂知寿 かとうかず子 万里紗 田中菜生

スタッフ

作:ロアルド・ホフマン 訳:川島慶子 演出:鵜山仁 美術:乘峯雅寛 照明:沢田祐二 衣裳:伊藤早苗 音響:秦大介 ヘアメイク:前田節子 演出助手:藤代修平 舞台監督:小川 亘 製作:渡辺江美

このページのトップへ ▲ 20170505

「 ピラニアの甘噛み 」

宣伝写真

全員、悪い奴。悪い奴で世直しだ。

田舎町・人間市のろくでもない二家族、片野家と宗川家。
空家を挟んで醜くいがみ合う両家は、近隣住民に騒音と悪臭を撒き散らしながら不毛な争いを続けていた。
そこへ、空き家の持ち主の老婦人が数十年ぶりにこの町に帰ってくる。
空き家を壊しマイホームを建てたい孫夫婦も擦り寄ってくる。さらに、土地を買い上げ市道工事を行いたい市長と建設業者に、遺跡発掘に燃える元教師も加わり……
正義感など全く持ち合わせていない人々の自己保身とむき出しの欲望蠢く人間模様の中、三軒並んだ欠陥住宅が不気味な軋みを響かせる……

劇 場
日 程

2017年6月13日(火)〜 6月18日(日)

 
  6/12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
14:00       ●14:00   ●14:00 ●14:00
18:00           ●18:00  
19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00    
  • ※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。

  • ※ 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内できない場合がございます。

  • ※ 未就学児童のご入場はご遠慮頂いております。

前売開始

2017年4月5日(水)

チケット 全席指定

前売/4,200円 当日/4,500円 学生/3,000円(J-Stage Naviのみ取扱い、要学生証)  

キャスト

今井田智 中山来未 コビヤマ洋一(路地裏月光堂) 水島よう子 羽鳥友子(演劇レーベルBö-tanz) 磯村智彦(花組芝居) 川崎誠一郎 入月謙一(月歌舎) 中谷守男(劇団ギルド) 岡村勝之(劇団ギルド) 光希 谷川功(崖っぷちウォリアーズ) 丸山哲朗(T1project) 東虎之丞 永岡みゆき 芳賀美咲 松岡哲永

スタッフ

作:池田真一 演出:木村ひさし 演出補:入月謙一(月歌舎)・松岡哲永 美術:竹内公一 美術補・小道具:竹内悦子 照明:竹内右史(Office Bamboo) 音響:佐久間修一 衣装:MIXX JUICE 舞台監督:松岡哲永 宣伝美術 画:田中浩之 デザイン:小檜山長代(路地裏月光堂) 撮影:木村真一 制作:J-Stage Navi プロデューサー:今井田智・松岡哲永 プロデューサー補:小笠原浩司

協 力

オレガ 路地裏月光堂 演劇レーベルBö-tanz 花組芝居 月歌舎 劇団ギルド 崖っぷちウォリアーズ T1project 魂込めて新日本プロレス 串カツ若菜 NOAH小僧(新井康祐) 村上隆文 RUF

このページのトップへ ▲ 20170402

「 幕末疾風伝 MIBURO 〜壬生狼〜 」

宣伝写真

明治期に絶滅したニホンオオカミを探すために入った山で遭難した兄と妹。
離れ離れになった二人が再会したのは、なぜか幕末の京都だった。
生きていくためにやむなく入隊した「新選組」で仲間たちに囲まれた日々を送るうちに、
やがて二人は、現代にいた頃には見失っていた『生きていく意味』を見出していく。
だが無情にも、サムライの時代の終焉はすぐそこまで迫っていた……。

「人斬りオオカミ」と蔑まれながらも、幕末を颯爽と駆け抜けた新選組を新たな視点で描く
底抜けに明るくて、狂おしいほど切ない、、、血まみれの青春群像劇


先行予約を行います!

2017年 3月18日(土)10:00 〜 20(月祝)23:59
J-Stage Navi WEB予約のみ
特典1■当日劇場にて公演パンフレット(1,000円相当)をプレゼント!
特典2■優先的に良席を確保致します。

ご予約はこちら

劇 場
日 程

2017年5月19日(金)〜 5月21日(日)

 
  5/15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20(土) 21(日)
13:00           A13:00 B13:00
18:00           B18:00  
19:00         A19:00    
  • ※ 開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

  • ※ 未就学児童の入場はご遠慮ください。

  • ※ 開演時間を過ぎてのご入場は、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

前売開始

2017年3月21日(火)

チケット 全席指定

前売当日共 5,000円  

キャスト

小黒雄太 平井紀子 伊緒里優子 さいとうまこと 稲益佑亮 沖田浩一 米倉啓 虎玉大介 松田優(特別出演) 葉月美沙子 高野璃奈 関聡美 菅谷弥生(A) 運天裕人(B) 中村花 坂井雄大 外将太 永井大貴 市川健太 大川こはる 藍追悠 柘植美咲 加藤成美 藤島ゆかり 板敷輝 吉澤悠吾 柴田祥吾 木村龍介 林彬 西嶋咲紀 工藤ゆいか 緑川雪 瑞縁ほのか 野澤俊洋 後藤健斗 酒井晴香 泉水静紀 大屋美礼 篠田敦子

スタッフ

脚本:伊緒里優子 演出:池田建太 舞台監督:池田建太 照明:荒巻久登 音響:山田卓司 殺陣振付:池田建太 日舞振付:高野璃奈 宣伝美術:ラヴ&ピース川津  題字:金井麗雲(+new Company) 制作:J-Stage Navi 企画製作:TAFプロデュース

協 力

士剣流流殺陣道場 劇団SAKURA前戦 八百広 俳協 ジェイコム足立  葛飾FM 丸武産業(株)

このページのトップへ ▲ 20170315

「 おしり筋肉痛 〜めっちゃ回るよ、運動したあとだし〜 」

宣伝写真

今だけ!
「おしり特別価格」
〜めっちゃ安いよ、ひと月前まで

3月17日(金)までにお振込の方に限り

前売券
指定席 ¥4,500 → ¥4,000
自由席 ¥4,000 → ¥3,500
にてご案内致します!

J-Stage Naviのみ取扱。
(別途チケット郵送手数料がかかります)

ご予約はこちら

劇 場
日 程

2017年4月19日(水)〜 4月23日(日)

 
  4/17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日)
13:00             ●13:00
14:00           ●14:00  
15:00       ●15:00      
17:00             ●17:00
18:30           ●18:30  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  • ※ 開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2017年2月20日(月)

チケット 指定/自由

前売当日共 指定席/4,500円 自由席/4,000円(迫力の最前3列ベンチシート) リピーター特典/受付にて半券提出で1000円バック 学生割引/\2,500(J-Stage Navi 電話のみ取扱い)  

キャスト

池田稔 並木秀介 宮原将護 岩田有弘 辻久三 林田航平 足立区の島崎 浅田光 久世理瀬 里内伽奈 石井杏奈(演劇女子部) 神木優 松田かほり

スタッフ

作・演出:塩田泰造 音楽:Yoji 美術:田中敏恵 照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN) 音響:内藤勝博・百合山真人(エスイーシステム) 舞台監督:橋本慶之 舞台監督助手:内山清人  宣伝美術:目黒雅也 制作協力:J-Stage Navi

協 力

(株)マックスフィールド (株)オリオンズベルト スペースクラフト・エンタテイメント(株) J.CLIP 銀岩塩 秘密兵器 演劇女子部

このページのトップへ ▲ 20170215

「 お菓子放浪記 」

宣伝写真

西村滋追悼公演

〜孤児のシゲルが、第二次大戦末期から戦後の動乱期を逞しく生きていく物語〜
明日の希望を語ることさえ困難だった時代に、お菓子への憧れに支えられ絶望と闘いながらひたむきに生きていく孤児シゲル。
成長するシゲルにとってのお菓子…、それは優しさの味であり、平和の味であり、世に氾濫する「ニセモノ」を見分けるための「ホンモノ」の象徴となっていく…。

劇 場
日 程

2017年4月12日(水)〜 4月16日(日)

 
  4/10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日)
13:00           ●13:00  
14:00     ●14:00 ●14:00 ●14:00   ●14:00
18:00           ●18:00  
19:00     ●19:00   ●19:00    
  • ※ 開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

  • ※ 未就学児童入場不可

前売開始

2017年2月10日(金)

チケット 全席指定

前売 一般/5,500円 U25/4,500円 高校生以下/3,500円 ※当日券は各500円増し ※U25は身分証明書、高校生以下は学生証をご提示頂きます 

キャスト

大方斐紗子 川端槇二(劇団NLT) 飛野悟志(ファイナル・バロック) 絲木建汰 小宮明日翔(劇団ひまわり) 岩田翼(劇団昴) 小林あや 片山美穂(チーム・クレセント) 黒田利夫 下坂亮介 岩崎有子 宮川知久(Pカンパニー) 荻窪えき(X-QUEST) 冨永カズエ 福本桂与 田代結香(ファイナル・バロック) 岡本優 江添皓三郎(劇団ポプラ) 野良のりオ 重田めぐみ(イッツフォーリーズ) 萩原万里子(劇団NLT) 野徹

スタッフ

原作:西村滋 脚本・作詞・演出:木島恭 作曲・演奏:高橋慶吉 振付:川西清彦 美術:松岡泉 照明:大島孝夫 音響・効果:岩下雅夫 衣裳:白井光子(東宝コスチューム) 歌唱指導:山下美音子 振付補佐:橋本のり子 舞台監督:杜江良/高橋康孝/大川幹 大道具:杜江良 小道具:高津装飾美術(株)/杜江良 宣伝美術:林拓郎 イラスト:おかめ家ゆうこ 映像収録:齋藤耕路(ユニコーン) 舞台写真:小杉朋子 キャスティング協力:芝居屋・劇団羊のしっぽ 制作協力:J-Stage Navi  制作:片山美穂 企画・製作:チーム・クレセント

協 力

現代制作舎 (株)NLT I・T企画 Pカンパニー オールスタッフ ミライ・アクターズ・プロモーション オフィスまとば

このページのトップへ ▲ 20170207

「 KUDAN 〜この地球の汚れた片隅で生まれた命〜 」

宣伝写真

被爆した牛たちは逃げた。何も知らない、わからない。
ただ、彼らの本能が人間たちから逃げることを選び、
辿り着いたのは小さな森だった。

そして、そこに暮らし始めた。
更なる放射能汚染など知る由もなく、
食べる物も選ばなくなり、
もう、牛肉として出荷されることも乳牛を迫られる事もない。
ある意味、牛たちにとっては幸せで、ありのままの姿だったのかもしれない。

ある牝牛が新しい生命を身籠っていた。
他の牛たちは小さな仲間の誕生を心から待っていた。
しかし、牛から生まれたのは牛の子ではなく…

人間の子だった。

【東京公演】
劇 場
日 程

2017年4月12日(水)〜 4月16日(日)

 
  4/10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日)
14:00       ★◆14:00 ◆14:00 ◆14:00 ●14:00
19:00     ★19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • ◆=劇場にて託児サービスあり ★=ハンバーグ割引

  • ※開場は開演の30分前、受付は開演の60分前。

  • ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

前売開始

2017年2月25日(土)

チケット 全席指定

前売・当時共 一般/4,000円 ハンバーグ割引(★の回)/3,500円 学割/2,500円(高校生以下・要学生証)

【三重公演】
劇 場
日 程

2017年4月22日(土)〜 4月23日(日)

 
  4/17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日)
13:00             ●13:00
18:00           ●18:00  
  • ※開場は開演の30分前、受付は開演の60分前。

  • ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

前売開始

2017年1月27日(金)

チケット 全席自由

前売当日共/3,000円 学割/1,500円(高校生以下・要学生証)

キャスト

山本由奈 永田涼香 三枝悠 小林大輔(以上TOKYOハンバーグ)

上田尋 内谷正文(FrankAgeCompany) 宇鉄菊三(tsumazukinoishi) 大内彩加(officePORT) 甲津拓平(流山児★事務所) 小林英樹 小山貴司 小山友香里(テアトル・エコー) 阪本篤(温泉ドラゴン) 白石花子(劇団民藝) スニョン(劇団俳協) 鷹野梨恵子(無名塾) 谷沢龍馬(スタッフ・ワン) 友澤宗秋 鳥越さやか(ZINGYZAPEnterprises) 中込俊太郎(ULPS) 中村榮美子(少年王者舘) 服部有香里 藤原啓児(StudioLife) β(ワハハ本舗) 星野真央(ALBA) 本多由佳 ムラナカユカ 森田匠(トラッシュマスターズ) 米田敬(トルチュ) ※五十音順 岩倉真彩※東京公演のみ

キャスト
(三重公演のみ)

今村英靖 永田陽子 天羽亜衣 岩城浩幸 近藤彩亜良 田端菜朝 西野詩音 西野菜奈子 湯下直明 以上劇団伊勢 ※五十音順 廣嶋りう(ZINGYZAPEnterprises)

スタッフ

作・演出:大西弘記 音楽:清見雄高 舞台監督・舞台美術:大河原敦 照明:吉嗣敬介 音響:香田泉(零´sRecord) 演出助手:光藤依里・友澤宗秋 宣伝美術・宣伝PV:martrie イラストレーション:さいとうりえ[simul] 宣伝写真・舞台写真:ありせさくら WEB宣伝:西谷竜太 振付:風戸蒔 歌唱指導:田中暁子 制作:J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ:石原友武・相原奈保子 企画・製作:TOKYOハンバーグ

協 力

H&Bシアター 龍前正夫舞台照明研究所 トルチュ tsumazuki no ishi Frank Age Company 流山児★事務所 温泉ドラゴン 劇団俳協 ディメンション トラッシュマスターズ ULPS  ZINGY ZAP Enterprises 無名塾 テアトルエコー officePORT 少年王者舘 Studio Life 劇団伊勢 劇団民藝 ALBA 豪勢堂GLove ワハハ本舗 スタッフ・ワン オフィスKR デモクラTV 乳幼児教室ハッピールーム 伊勢安土桃山文化村 日の出旅館

協 賛

石川商工(株) (株)いせソーラーシステム こびと自動車 宿 行政事務所 Team Hiyohime hair salon Roots ホットライン 山五商事(株) (株)山口工業 ※五十音順

このページのトップへ ▲ 20170125

「 トビウオの翼 」

宣伝写真

新米教師の魚谷栄太は、母校である港第二中学へ着任。
しかし、中学校内では、生徒間だけでなく職員室でも陰湿ないじめが繰り広げられていた。
生徒と教師の禁断の愛、援助交際、セクハラ、体罰、登校拒否など……
学校を取り巻く問題に直面した魚谷は、とまどいながらもあの手この手で解決の道を探っていく。

誰もが経験したことがある中学時代。
ドロドロした人間関係の中に潜む切なさとおかしさ。
そんな人間模様を描いた、新感覚・職員室ヒューマンコメディ。

劇 場
日 程

2017年4月5日(水)〜 4月9日(日)

 
  4/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
12:00             ●12:00
13:00           ●13:00  
14:00       ●14:00      
16:00             ●16:00
18:00           ●18:00  
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00    
  • ※ 開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2017年2月20日(月)

チケット 全席指定

前売/4,000円 当日/4,500円 平日昼割(4/6 14時の回)/3,500円 

キャスト

谷口勇樹 斉藤レイ 伊佐美紀 棚橋幸代 奈良谷優季 石坂史朗 石塚あつこ 辻博己 最中翔太 富田玲奈 平嶋美都枝 名倉七海 武井淳史 青山義典 内田晃一 農塚誓志

スタッフ

脚本・演出:川口清人 舞台監督:井関景太(るうと工房) 舞台美術:仁平祐也 照明:若林恒美 音響:宮崎裕之(predawn) 選曲:辻博己 舞台撮影:古谷美里 スチール撮影:峰田達也 アートワーク:米本繭子(cocon) 制作協力:J-Stage Navi 企画・製作:東京カンカンブラザーズ

協 力

(株)アールジュー イイジマルーム (株)太田プロダクション (株)グリーンメディア 劇団ひまわり touch my brassiere?company (株)Team M (株)ピノキオプロモーション (株)プレステージ まじんプロジェクト RISU PRODUCE (株)レディバード

このページのトップへ ▲ 20170215

「 海街diary 」

宣伝写真

S t o r y

しっかり者の長女・幸(さち)と酒好きで年下の男に弱い次女・佳乃(よしの)、
いつもマイペースな三女・千佳(ちか)。

祖母の残した鎌倉の家で暮らしていた3人のもとに、父の訃報が届く。
そして、幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を迎えることになり……。
十五年前、家族を捨てた父。再婚して家を出ていった母。
四姉妹の共同生活は、それぞれに少しずつ変化をもたらし、
4人は本当の家族になっていく。

海の見える町に暮らす姉妹たちが織りなす清新でリアルな家族の絆の物語。

C o m m e n t

大人気漫画が2017年春、満を持して舞台化決定!

原作は第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、
マンガ大賞2013、第61回小学館漫画賞一般向け部門受賞など
数多くの賞を総ナメした「海街diary」。
2015年には是枝裕和監督が人気俳優を起用、映画化し大変話題となった。

出演者には、ミスマガジンにて読者特別賞を受賞し芸能界デビュー後、
数多くの作品に携わっている山崎真実、
グラビア界でトップを走り、映画を中心に活躍中の柳ゆり菜、
映画、舞台など精力的に活動し、今後が期待される門前亜里、木下愛華を迎える。
他にも、今後の活躍が目覚ましい個性豊かな俳優陣が彩を添える!

劇 場
日 程

2017年3月31日(金)〜 4月2日(日)

 
  3/27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 3/31(金) 4/1(土) 2(日)
12:00             ●12:00
14:00           ●14:00  
16:00             ●16:00
19:00         ●19:00 ●19:00  
  • ※ 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。未就学児童のご入場はご遠慮ください。

  • ※ 土・日は混み合いますので、お早めにご予約下さいませ。

前売開始

2016年12月20日(火)

チケット 全席指定

【S席】前売:6,000円/当日:6,500円 【A席】前売:5,000円/当日:5,500円 【高校生以下】前売:3,000円/当日:3,500円(“STRAYDOG”、J−Stage Navi、カンフェティのみ・当日要学生証)

キャスト

山崎真実 柳ゆり菜 門前亜里 木下愛華 範田紗々 円谷優希 中原由貴(煌月爽矢) 白石彩妃 松尾彩加 富樫未来 中島舞香 森岡里世 谷口公美 大迫可菜実 山田奈保 水越嗣美 亀田彩香 谷遼 石田政博 能井拓海 内田健太 赤羽一馬 大崎捺希 加藤央睦 森田亜紀 佐藤 仁 柴田明良 中原和宏 BAND:Risky Melody&Yuka(Les.R)

スタッフ

原作:吉田秋生『海街diary』(小学館「月刊フラワーズ」連載) 脚本・演出:森岡利行

このページのトップへ ▲ 20161218

「 88 」

宣伝写真

公演中イベントの詳細決定致しました!

★1=2/6(月)
25周年祭(まつり)1
「酒呑童子DVD発売記念BQ歌合戦」
2500円(指定席・一般学生前売当日同一料金)
内容:酒呑童子の映像を見ながらトークしたり、BQ紅白歌合戦など予定しています。

★2=2/10(金)
25周年祭(まつり)2
「みんなで歌おう?参加型トークイベント(ゲームなどあり)」
1500円(指定席・一般学生前売当日同一料金)
内容:BQMAP25年の振返りトーク、BQの歌を一緒に歌ってみませんか?のコーナーやゲーム等を予定。

J-Stage Naviでは1月23日(月)10:00より販売開始致します。
ご予約はこちら

劇 場
日 程

2017年2月3日(金)〜 2月12日(日)

 
  1/30(月) 31(火) 2/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
14:30           ●14:30 ●14:30
18:30           ●18:30  
19:30         ●19:30    
  2/6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日)
14:30 ★1       ★2 ●14:30 ●14:30
18:30       ●18:30  
19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  • ★1,2はイベントを行います。上記詳細をご確認ください。

  • ※ 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前からです

前売開始

2016年12月20日(火)

チケット 全席指定

一般/4,000円 学生/3,500円(高校生以下) ペア/7,500円 当日/各500円増

キャスト

前田剛 矢部亮 立花拓也 山口智大(B-Box) 竹内順子 高瀬郁子 丘崎杏 知桐京子 土屋真由美 明神杏奈 伊藤菜実子 雄賀多あや 齋藤智美

スタッフ

原案:佐藤太 音楽:佐藤太・竹下亮 脚本・演出・美術:奥村直義

このページのトップへ ▲ 20161219

「 スパイに口紅 」

宣伝写真

大日本帝国時代。
国に秘密裏に鍛え上げられた諜報員たちがいた。
メールも携帯も、ファックスさえも無い時代、彼らの諜報活動は如何なるものであったのか。そして命を賭した先に或るは、他国への侵略か、祖国の滅亡か。
生き残るのは、誰だ。

僅かに残された記録から着想を得た、壮大なるスパイ・フィクション、20170120、開幕!

J-Stage Navi「物語が世界を変える」連動支援企画:第一弾

「能力や才能は それを認め活用してくれる能力や才能がなければ 成り立たない。」
画家:池田満寿夫の言葉であり、制作の仕事とは、常々この事だと思っている。

未だ、有名でないもの、評価がくだされていないもの、その中にも「才能」はある。
私はLiveUpCapsules 公演に数々の才能を見出している。
2012 年佐藤佐吉賞最優秀助演男優賞(谷仲恵輔氏)を獲得した作品『笑う門には福来る』、第6 回せんがわ劇場演劇コンクール脚本賞を受賞した『ふみ』。
村田裕子は劇作家として着々と開花しつつある。
また前作『線と油絵具』で、耳の聞こえない画家松本竣介役を好演した宮原将護の存在。
珠玉の作品となった『線と油絵具』でしっかりと脇を固めた男たちの何名かに加え、今後の活躍が楽しみな男優たち。
また、ここ何回もLiveUpCapsules の世界を繊細な仕事で美しく彩っているスタッフたち。
少しずつ、才能の片鱗は顔を見せている。成長をしていく劇作家、俳優を見ていくのは、なんという僥倖か。
LiveUpCapsules は、今回、初の二週間公演である。だが、世界何十億人の中で、1500人しか観ることのない小劇場公演でもある。
僅か1500 人しか目撃できない「物語」を、観に、来ませんか。
J-Stage Navi 島田敦子

劇 場
日 程

2017年1月20日(金)〜 1月29日(日)

 
  1/16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21(土) 22(日)
13:00              
14:00           ★■14:00 ★14:00
17:00              
19:00           ★19:00  
19:30         ★19:30    
  1/23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28(土) 29(日)
13:00             ○13:00
14:00   ○14:00   ○14:00   ○■14:00  
17:00             ○17:00
19:00           ○19:00  
19:30 ○19:30 ○19:30 ○19:30 ○19:30 ○19:30    
  • □=託児サービスあります。要予約。イベント託児・マザーズ(0120-788-222) 0才・1才2,000円 2才以上1,000円

  • ※ 開演の30分前に開場。

  • ※ 開演の1時間前から受付開始(整理券の発行)。

  • ※ 開場時刻から、整理券の番号順にご入場いただけます。

前売開始

2016年12月5日(月)

チケット 全席自由

★=前売当日共/3,500円 ○=前売当日共/3,800円 学生割引/1,000円(高校生以下・要学生証・J-Stage Naviのみ・1ステージ5枚限定)

キャスト

宮原将護(大人の麦茶) 祁答院雄貴(アクトレインクラブ) 遠藤綱幸 菊地真之 桂弘 検崎亮 虎玉大介 杉山雅紀 橘颯(劇団俳小) 高山和之(くろいぬパレード) 山田隼平(劇団AUN) 弓削郎

スタッフ

作・演出:村田裕子 舞台監督:吉田慎一(Y’s factory) 舞台美術:鎌田朋子 照明:今西理恵(LEPUS) 音響:宮崎裕之(predawn) 衣装:福田千亜紀 音:カジワラギスケ(クロメ) 宣伝美術:林拓郎 写真撮影:佐藤太志朗(office道々楽者) 制作:LiveUpCapsules 制作協力:J-Stage Navi

協 力

劇団AUN アクトレインクラブ 大人の麦茶 (有)グルー くろいぬパレード 劇団俳小 (株)POP

このページのトップへ ▲ 20161127

「 フォトジェニック 」

宣伝写真

男はカメラマン。素人モデルを殺してはその死体写真を撮影し、いずれ自分が捕まったときにはそれをネットに公開しようと目論んでいる異常者だ。現場に必ず目印を残していくので事件は連続化しているが、被害者の中にひとりだけ自分が殺した覚えのない女が混じっている。何者かが自分に罪をなすりつけたようだ。男は女の素性を探り、ある狂気に支配された場所へとたどりつく。そこで彼が見たものは……。

先行予約を行います!
2016年11月25日(金)11:00 〜 11月29(火)23:59
ご予約ページ
先行予約はこちら

追加公演が決定しました!
2017年1月15日(日)12:30の回
こちらからご予約頂けます。

劇 場
日 程

2017年1月10日(火)〜 1月15日(日)

 
  1/9(月) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14(土) 15(日)
12:30             ●12:30
14:30     ●14:30   ●14:30 ●14:30  
17:30             ★17:30
19:30   ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  
  • ★ 公演終了後、作演出家と出演者全員によるポストパフォーマンストーク開催予定

  • ※ 受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前。

  • ※ 開演時間を過ぎてからのご来場は、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。

  • ※ 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

前売開始

2016年12月1日(木)

チケット 全席指定

前売当日共/3,500円 U25割引/3,000円(要学生証)

キャスト

奥野亮子(鵺的) 川添美和(Voyantroupe/(株)ワーサル) 小崎愛美理(フロアトポロジー) 堤千穂 橋本恵一郎(欲棒仙人π)

スタッフ

作・演出:高木登 舞台監督:田中翼・伊藤新 ドラマターグ:中田顕史郎 演出助手:函南窓(ヒノカサの虜/劇想からまわりえっちゃん) 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 音響:平井隆史 舞台美術:袴田長武+鴉屋 宣伝美術:詩森ろば(風琴工房) 宣伝美術写真撮影:橋本恵一郎 舞台写真撮影:石澤知絵子 ビデオ撮影:安藤和明(C&Cファクトリー) 制作:鵺的制作部・J-Stage Navi 制作協力:contrail 企画・製作:鵺的

協 力

フロアトポロジー Voyantroupe 欲棒仙人π アスタリスク (株)キャストパワー グリーンメディア (株)デフィプロモーション (株)ワーサル あるぱか 池林房・太田篤哉

このページのトップへ ▲ 20161121

「 豚小屋 」

宣伝写真

南アフリカ共和国の劇作家、アソル・フガードの『シズウェは死んだ!?』(原題:Sizwe Bansi is Dead)で旗揚げ公演を行った地人会新社が、第6回公演で再びフガードの戯曲に挑みます。
『豚小屋』〜ある私的な寓話〜と副題があるように、それは「想像上のどこかの小さな村にある豚小屋」によって繰り広げられます。軍より脱走して10年。パーヴェル・イワーノヴィッチ(北村有起哉)は湿っぽくうすら寒い家畜小屋で、豚と隣り合わせに暮らしている。
「戦勝記念の日」、その場に出て自分の存在を明らかにしようとするパーヴェル。しかし着ていくつもりだった軍服がぼろぼろだ。そこで、妻・プラスコーヴィア(田畑智子)に未亡人として出席するよう頼む。どちらにしても二人が「この場所」を出る事は危険であり、この先の運命がかかっているのだ。
長い長い時が流れた。美しい蝶が舞い込み、それを豚が食べる。その豚をパーヴェルが殺す。
外の空気が吸いたい!パーヴェルは女装し、二人は夜中の町に出る。風・大地の匂い・満天の星・コオロギさえも二人にとっては感動なのだ。
そしてもっと先まで…あのポプラの木の先に…

「結婚式の時に着たあんたのスーツ、いつかきっと必要な時が来るかもって気がして」

第二次世界大戦中、旧ソ連軍から脱走し、41年間豚小屋で生きていた実在の人物に刺激を受け書かれた本作。夫婦の絆と深い愛に溢れた『豚小屋』を、2017年のはじめにお届けします。

劇 場
日 程

2017年1月7日(土)〜 1月15日(日)

 
  1/2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日)
13:00              
14:00             ●14:00
18:00              
19:00           ○19:00  
  1/9(月祝) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14(土) 15(日)
13:00           ●13:00  
14:00 ●14:00   ●14:00   ●14:00   ●14:00
18:00           ●18:00  
19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00      
  • ○=プレビュー公演

前売開始

2016年11月15日(火)

チケット 全席指定

A席/6,500円 B席/5,000円 25歳以下/3,000円 プレビュー公演/全席3,500円・25歳以下2,000円

キャスト

北村有起哉 田畑智子

スタッフ

作:アソル・フガード 翻訳・演出:栗山民也 美術:長田佳代子 照明:沢田祐二 衣裳:西原梨恵 音響:深川定次・坂口野花 ヘアメイク:鎌田直樹 演出助手:坪井彰宏 舞台監督:福本伸生 製作:渡辺江美

このページのトップへ ▲ 20161101

Copyright © 2008 - 2009 J-Stage Navi All rights reserved.

このページのトップへ ▲