「 タマリ 」

宣伝写真

S t o r y

 

タマリ。
タマリとは、スタジオの横にある控室。
年末のテレビ局。1時間後には大型生特番。
タマリにはそれを待つ人々……
落ち目の演歌歌手、先端恐怖症のマネージャー。
力士から転職したAD、ご対面コーナーで恋人を待つ男。
そんな人々がタマリを舞台に起こす愛と希望と奇跡の物語。

劇 場
日 程

2009年12月22日(火)〜 12月27日(日)

 
  12/21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26(土) 27(日)
13:00     ●13:00       ●13:00
14:00       ●14:00   ●14:00  
17:30     ●17:30       ●17:30
19:30   ●19:30   ●19:30   ●19:30  
  • 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前。

  • 開演時間を過ぎますと指定のお席にご案内できない場合がございます。

前売開始

2009年11月28日(土)

チケット 全席指定

前売3,500円 当日3,800円(税込)

キャスト

川村陽介(ホリプロ)

大関真(劇団SET) 金沢知樹(バイ・ザ・ウェイ) Kいち 斉藤誠人(SMA) タカギマコト 久永輝明(THE東京ピチピチBOYS) 吉田晋一(バイ・ザ・ウェイ) 相原美奈子(バイ・ザ・ウェイ) 兎本有紀(宝井プロジェクト) 松林由佳(萩本企画) 広澤草(MSエンタテインメント) 福井未菜(ホリプロ) 

皆口裕子(青二プロダクション) 松野太紀(青二プロダクション)

スタッフ

舞台監督:斉藤英明(Back Stage) 音響:河野恒彦(フリーウェイ) 照明:赤田智宏(日高舞台照明) 宣伝美術:川本裕之 制作:萩森淳 制作協力:林拓郎(J-Stage Navi) プロデューサー:松本教資

協 力

青二プロダクション MSエンタテインメント 劇団†勇壮淑女 THE東京ピチピチBOYS 劇団スーパー・エキセントリック・シアター (株)ソニー・ミュージック・アーティスツ 宝井プロジェクト バイ・ザ・ウェイ (株)萩本企画 ホリプロ

このページのトップへ ▲ 20091126

「 祥寺DEオカリーナ 」

宣伝写真

劇 場
日 程

2009年12月27日(日)

 
  12/21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26(土) 27(日)
15:00             ●15:00
19:00             ●19:00
  • 受付開始・開場は開演の1時間前になります。

  • ご入場の際にドリンクのご注文を承ります。

  • 当日券の方は立ち見になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

前売開始

2009年11月25日(水)

チケット 全席自由

前売・当日共 3,600円(税込) ワンドリンクオーダー制 

キャスト

松本和子 関智一 長沢美樹 飯塚雅弓 沢城みゆき 上田伸哉 ゲスト/野上朝生(piano)

このページのトップへ ▲ 20091115

「 10:02の男 」

宣伝写真

S t o r y

 

男は彗星の如く現れた。---全てを演り尽くす為に。

うだつの上がらない役者の前に突如現れた、生き別れの姉と名乗る女。
その出会いは、凄まじい濁流のように男の運命を変えていく。
華々しいテレビ業界という迷路を爆走する一人の役者とそれを見守る姉の
愛(←たぶんある)と
勢い(むしろ勢いだけ)と
汗(←冬なのに相当の汗量が予想されます)と
笑い(恐らくふんだんに)と
感動(←希望)の物語。

ひっそりと過去4度の再演を繰り返されてきた幻の名作が、この冬、新たな脚色で冬将軍を蹴散らして到来!

劇 場
日 程

2009年12月26日(土)〜12月27日(日)

 
  12/21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26(土) 27(日)
13:00           ☆13:00 ★13:00
15:30           ★15:30 ☆15:30
18:00           ☆18:00 ★18:00
  • ☆=山本あんり出演 ★=高野有実子出演

  • 受付開始・開場は開演の20分前になります。

前売開始

2009年11月16日(日)

チケット 全席自由

前売・当日共 1,500円(税込み) 

★☆通し券 2,500円 
※通し券をご希望の方はJ-Stage Navi03-5971-9002までご連絡下さい。

キャスト

藤田マコト ☆山本あんり ★高野有実子 早瀬あおい ほんだかずひこ(声の出演)

スタッフ

原作:布施知大 脚色・演出:早川あゆ 舞台監督:早瀬あおい 音響:中山真樹子 制作協力:J-Stage Navi 受付:Hip up sisters 協力:キューポラ会/さかなくらぶ/劇屋いっぷく堂 

このページのトップへ ▲ 20091115

「 カラクリ雪之JOE変化 」

宣伝写真


劇 場
日 程

2009年12月13日(日)〜12月19日(土)

 

「カラクリ雪之JOE」の一般予約は完売いたしました。

  12/7(月) 8(火) 9(水) 10(木) 11(金) 12(土) 13(日)
13:00              
14:00              
17:00              
18:00             ★18:00
19:00              
  12/14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 18(金) 19(土) 20(日)
13:00           ★13:00  
14:00   ☆14:00     ☆14:00    
17:00           ★17:00  
18:00              
19:00 ★19:00 ☆19:00 ☆19:00 ★19:00 ☆19:00    
  • ☆=櫻井孝宏出演 ★=入野自由出演

  • 受付は開演の1時間前/開場は開演の30分前

  • ◎上演時間は2時間程度を予定しております。

  • 「カラクリ雪之JOE」の一般予約は完売いたしました。

前売開始

2009年11月15日(日)

チケット 全席指定

前売5,000円 当日5,200円 

キャスト

関智一 長沢美樹 小西克幸 那珂村タカコ 

櫻井孝宏(81プロデュース・Wキャスト☆) 入野自由(junction・Wキャスト★) 福圓美里(シグマ・セブン) 世田壱恵(銀プロダクション) 

林智子 津本陽日 永松寛隆 薯_本和子 上田伸哉 兼島信哉 近藤浩徳 宇藤秀和 堀田義治 沼田梨沙 杉崎聡美 湯浅涼子 

おぐらとしひろ(ジャパンアクションエンタープライズ) 岩田栄慶(キャスタッフ) 下川真矢(BESIDE) 難波和宏 塩月竜(ジョイント・アクションクラブ) 大谷秀一郎(アトミックモンキー) 天野博一(TeamAZURA) 田沼ジョージ 他

スタッフ

作・演出:関智一 脚本協力:伊福部崇 イラスト:沙村広明 音楽:水谷広実・藤沢健至・アトミックモンキー制作部 アクションコーディネーター:藤田けん(STUNT JAPAN) 殺陣協力:STUNT JAPAN・stunt team Gocoo 照明:吉川貴昌 音響:前田規寛(M.S.W) 舞台美術:福田暢秀(F.A.T STUDIO) 小道具製作:田中四朗 衣装:名村多美子 ヘアメイク:chiaki 舞台監督:松嵜耕治 演出部:川除学・金子晴美・大堀光威 宣伝意匠:井上則人デザイン事務所 制作:J-Stage Navi ヘロヘロQカムパニー 

このページのトップへ ▲ 20091114

「裸〜La〜」

宣伝写真

C o m m e n t

あなたの あたなによる あなたの為の演劇

着飾ることは必要ないのです、すっぴんの自分が一番。
演劇といって身構えることも必要ないのです、映画鑑賞やスポーツ観戦と同じこと。
皆さんの一言によって展開が決まる予測不能な、まったく新しい観客参加型のエンターテイメント。
それがフリークルーズ。

劇 場
日 程

2009年11月20日(金)

 
  11/16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21(土) 22(日)
19:00         ●19:00    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演1時間前。

  • ワークショップ付きチケット有り。詳しくは03-5971-9002までお問い合わせください。

前売開始

2009年11月1日(日)

チケット 全席指定

前売3,800円 当日4,000円(税込)

キャスト

BOBI<鈴木一成> HIROKO<田井弘子> TAD<渡邊聡>

スタッフ

構成・演出:BOBI 振付:Maya 舞台監督:河合博行 照明:小山田忠史(光オフィス) 音響:山田博久 宣伝美術:武山亮 制作:J-Stage Navi林拓郎 協力:桃]消櫂┘鵐織謄ぅ鵐瓮鵐函´襯侫Дぅ好機璽繊´襯・譽・´襯▲襯弌´覯I遊歃僖札鵐拭・/p>

企画・製作

フリークルーズ

このページのトップへ ▲ 20091101

「トナカイブルース」

S t o r y

Dearサンタクロース様。
クリスマスイヴの前日に、
忘れものを届けにいきます・・・。

劇 場
日 程

2009年12月1日(火)〜12月6日(日)

 
  11/30(月) 12/1(火) 2(水) 3(木) 4(金) 5(土) 6(日)
13:00             ●13:00
15:00       ☆15:00   ●15:00  
17:00             ●17:00
19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前。

  • ☆=トークライブ有り

前売開始

2009年10月26日(月)

チケット 全席指定

前売3,800円 当日4,000円(税込)

キャスト

野崎数馬 上野亮(田辺エージェンシー) 臼井静(渡辺エンターテインメント) 田中伸一 茜澤茜 市川円香(ディグ・エスト) 田中良(劇団BLUESTAXI) 半田浩平 戸谷和恵 平井愛子(宝映テレビプロダクション) 長澤元樹 コペイキン・エブゲニー 西秋元喜(テイクワン・オフィス)

スタッフ

作・演出:管野臣太朗 舞台監督:田中翼 照明:池田圭子 音響:石神保 美術:小林奈月 演出助手:中村公平 制作:J-Stage Navi・倉重千登世 デザイン:細見龍司

協 力

テイクワン・オフィス ワタナベエンターテインメント 田辺エージェンシー ディグ・エスト 劇団BLUESTAXI 宝映テレビプロダクション 劇団レトロノート 株式会社ジュア・プロ SUNBEAM studioVAD

主 催

GENKI Produce

このページのトップへ ▲ 20091024

「 SO SHOW天国〜パパは訴訟中〜 」

宣伝写真

S t o r y

離婚調停中の依頼人・代田友哉が警察につかまった――。

弁護士・柏木浩一が聞いた友哉のとんでもない容疑とは…?
その頃、検事・福島慶子は友哉の取り調べに密やかな悦びを抑えきれずにいた。
「なかなか面白くなってきたじゃないの。」
1人の冴えない男が起こしたハタ迷惑な騒動を軸に
『ひまわり(弁護士)』Sideと『きく(検事)』Side、2つのSideで事件を描く。
「法廷もの」でも「裁判員もの」でもなく、今どきの時流に乗りソコねた劇屋いっぷく堂が贈る
「訴訟もの」コメディ2本立て!

劇 場
日 程

2009年11月21日(土)〜11月29日(日)

 
  11/16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21(土) 22(日)
12:00              
14:00           ひ14:00 き14:00
16:00              
19:00           き19:00 ひ19:00
19:30              
  11/23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28(土) 29(日)
12:00             ひ12:00
14:00 ひ14:00         き14:00  
16:00             き16:00
19:00 き19:00         ひ19:00  
19:30   き19:30 ひ19:30 き19:30 ひ19:30    
  • ひ=ひまわりSide き=きくSide

  • 受付開始は開演の1時間前、整理券を発行いたします。開場は開演の30分前になります。

  • 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

前売開始

2009年10月28日(水)

チケット 全席自由

前売2,800円 当日3,000円 両Side通し券4,600円(劇団取扱いのみ)

キャスト

ひわまりSide: 前田智信(劇屋いっぷく堂) 中川雄介 山本あんり 森谷あずさ(スターダス・21) 吉河龍(クレイヅ・プロ) 高橋洋介 さとう波子 石田洋介(10・Quatre) 駒形夏月(イー・フラット) 松本雄介

きくSide: 広瀬綾子(劇屋いっぷく堂) 山口洋哉 酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ) 杜泰隆(風凛華斬) 富沢たかし(ALBA) 大曽根徹 松村マサル子 土屋兼久(劇団6番シード) 工藤さや 成田親子

スタッフ

作・演出:落合隆 照明:池上英輝(六工房) 音響:高居長広 舞台美術:吾郷順治(A.G.O(アーティスティック・グローバル・オーガニゼーション)) 舞台監督:山内健太郎 大道具:桃D好董璽献侫.・肇蝓次‥・?悄φ ?Stage NaviとHip Up Sisters 宣伝美術:くがちえ ビデオ撮影:co:jin(曾根久光・河野まさひろ) WEB協力:リビウス・デザイン・ワークス 制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi) 制作:うぐいす企画/J-Stage Navi 制作補助:本田一彦 

このページのトップへ ▲ 20091022

「ビッグバン貴族」

宣伝写真

世界天文年2009日本委員会公認イベント

S t o r y

2079年、月。
人類は月面をも生活の場としていた。
月面コロニーに、月生まれ・月育ちの「かや」という少女が暮らしていた。
かやは青い地球を見て育ち、いつかは自分の地球にいけるものと信じていた。
しかし月で生まれた人間は、地球の重力下では生きていけない。
かやを地球へ届けるため、大人達の挑戦が始まる。
月面を舞台に展開する、和風ミュージカルテイストの宇宙物語。

劇 場
日 程

2009年11月26日(木)〜 11月29日(日)

 
  11/23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28(土) 29(日)
13:00             ●13:00
14:00         ●14:00 ●14:00  
17:00             ●17:00
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 26(木)の14:30から公開ゲネプロ【試食会】を1600円でご覧いただけます。(宇宙食堂取扱いのみ)

  • 公開ゲネプロは開始時間が変更になる可能性がございます。

  • 開店は開演の30分前。当日券販売、及び受付開始は開演1時間前。

  • 当日は混雑が予想されます。開演5分前までに受付にお越しください。

  • 開演後のご入場の際は、お手持ちの指定席以外に振り替えさせて頂く場合がございます。

  • 指定席はお選びいただくことができません。抽選で決めさせていただきます。

前売開始

2009年10月10日(土)

チケット 全席指定

前売3,200円 当日3,500円(税込)

キャスト

伊丹孝利 ささきくみこ 結束友哉 西田妙子 ランディ井上 馬渕史香 工藤理穂 天野有希子(声の出演)  さくらまき 川守田政人(東京ギヤマン堂) 難波和宏 かねしろまなぶ 池崎リョウ 吉田麻子 加藤なぎさ 籾山幸子 雪村メイ(アルファライズプロダクション)  加藤マサキ(オフィスシェルター) 三浦崇史 市田ヲサム さくらやひろのぶ 羽鳥健一 出来本泰史(劇団Seven Stars)  恵 阿部真弓 山本舞美 大窪人衛久野壱弘(劇がく杜の会) 山川紗弥(オスカープロモーション) 

スタッフ

作・演出・映像:新井総 美術:川野茂 音楽:関将 舞台監督:阿部けん 照明:田中稔彦 音効:三木大樹 映像スタッフ:滝沢浩司 振付:K.TABATA 殺陣指導:藤田けん 演出部:原亜由美 衣裳:藤原こずえ、小木香寿美、石井久美、木村貞子 ヘアメイク:福岡亜樹 宣伝美術:久保賢一 ウェブ映像:K.INOJO 料理:橋本ユウスケ 主題歌:高樹リオ 制作:安部忍 制作協力:J-Stage Navi

協 力

世界天文年2009日本委員会 宇宙航空研究開発機構 JAXAi 国立天文台 スペース107 プラネットブルー オスカープロモーション 劇がく杜の会 東京ギヤマン堂 アルファライズプロダクション オフィスシェルター 音緒 萩乃水城 花崎かれん 為貝友理 森真弓 早川毅 NUロジテック 沖縄食堂やんばる 宮古2号店

企画・製作

宇宙食堂

このページのトップへ ▲ 20091013

「 水没した世界の壊れた灯台とさまよえる幽霊船 」

宣伝写真

私はつぶれた水平線 空と海の重さに息をつめ さざめき立たない一本の線

C o m m e n t

『傷痕のエンターテインメント』を標榜して、
ギャラリーや文化財での作品作りを重ねてきた儚組の、久しぶりの劇場公演は、
美しいものは楽しいをコンセプトにして、
コミカルな馬鹿騒ぎと、絵のような静けさで描いた、
ハッピーエンドのダークファンタジー。

劇 場
日 程

2009年11月11日(水)〜11月15日(日)

 
  11/9(月) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14(土) 15(日)
14:00           ※14:00 ※14:00
18:30           ●18:30  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の40分前。

  • 「※」の回は託児サービスあり(予約制・料金300円)

前売開始

2009年10月7日(水)

チケット 全席自由

前売・当日共 2,800円

 
キャスト

守祥子 船井那女 佐々木康予 ののゆうこ 早瀬あおい たまえ 西村麻衣 今村まりこ 木村敬一 ほか

スタッフ

作:面高純一 舞台監督:比嘉正哉(襯僉璽張好織献) 照明:橋本剛(colore) 音効:中山真樹子 情宣美術:木内美羽(mius) 制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi) 

制作

transient-office

このページのトップへ ▲ 20091109

「トランスフォーム、ゴーホーム」

宣伝写真

S t o r y

五月蠅(さつきよ)コウジは逃げたかった。
大手自動車メーカーの生産部門の管理職だったが、
昨今の経済の悪化と米国発の金融危機の影響でメーカーも揺れに揺れ、
五月蠅もリストラには遭わなかったものの、
全く畑違いの営業職にまわされ転勤、買ったばかりの
都心のタワーマンションに妻と息子を置いて、地方に単身赴任していた。
といっても五月蠅が逃げたかったのは会社や仕事からだけではなく、
家族と離ればなれの状況からでもなく、漠然と、世界から、
としかいいようのない厭世感に支配されていた。

とある週末、タワーマンションの35階の自宅の
リビングであったはずの場所の窓の向こうは荒廃した風景になっていた。
最初は地震かと思ったがそうではなく、部屋の中は
操縦室のような様相に変化し、自宅のあるタワーマンションは、
巨大ロボットと化していた。

自宅に居たはずの妻や子供は何処に行ったのか、
このまま、生き残れるのか?このロボットは何なのか?
個人を保障しているはずの社会(環境)が一夜にして消失した時、
人は、何を見出すのか?
日々失っていく、現代人の生きることへの希薄さを浮き彫りにしていく。

―――とにかくこれはSFサバイバル変形悲喜劇である。

劇 場
日 程

2009年11月4日(水)〜11月8日(日)

 
  11/2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日)
14:00       ☆14:00   ●14:00  
15:00             ●15:00
19:00           ●19:00  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演1時間前を予定しております。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場は、ご予約いただいたお席にご案内できない場合がございます。予めご了承ください。

前売開始

2009年9月25日(金)

チケット 全席指定

前売3,500円 当日3,800円(税込) 
学生割引2500円(要学生証提示)
※11月5日(水)14:00は平日昼割2900円

キャスト

寺十吾 釈八子 宇鉄菊三 松原正隆 日暮玩具 鈴木雄一郎 岡野正一 中野麻衣 吉村公佑(横浜未来演劇人シアター) 今井勝法(幹生、横浜未来演劇人シアター) 若松絵里(横浜未来演劇人シアター) 北島佐和子 山口雅義 中原和宏

スタッフ

作:スエヒロケイスケ 演出:寺十吾 音楽:坂本弘道 照明:Jimmy((株)フリーウェイ) 音響:岩野直人(ステージオフィス) 舞台監督:田中翼 舞台美術:小林奈月 宣伝写真:久家靖秀 演出助手:岡野正一 演出補:佐藤健 制作:原田瞳 J-Stage Navi 

協 力

ザズウ アルファセレクション ラッキーリバー (有)レトル 横浜未来演劇人シアター 幹生 猫田直 竹下カオリ 杏屋心檬 太田晶子 松嶋亮太

助 成

平成21年度芸術文化振興基金

このページのトップへ ▲ 20091104

「11月のスズメバチ」

宣伝写真

C o m m e n t

「演劇には、観た人の人生を変えるぐらいの力がある。」先輩が断言した。
いくらなんでもそれは言い過ぎやでぇ、と思っていた20代前半の僕だが、
ヘラヘラと「そうですよねぇ」と相槌を打っていたと思う。あれから20年。
演劇にしがみついてきてしまった。おかげで、定職に就けず、何度も職安に
通い、職業訓練校にも通った。同じ日に生を受け、同じ学校に通い続け、
同時代を過ごした僕の双子の相棒は、2児の父となり、社会に貢献し奉仕している。
このあまりにも大きな差に、愕然としてしまう。思う、あの舞台さえ観なければ!
…なんだ、俺は演劇に人生を変えられてるやん。いやー、演劇には力があるわ、ホント。
ならば!そのお返しに、変える方になりたい!ならなけらば!
「観る前と、観る後では、その人の人生が変わってなければならない」って、
言ったのは誰だったろう?
はい、大風呂敷拡げます!そんな舞台、作ってます!

劇 場
日 程

2009年11月4日(水)〜11月8日(日)

 
  11/2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日)
12:00             ●12:00
14:00       ●14:00   ●14:00  
16:00             ●16:00
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  
  • 受付開始・開場は開演の30分前。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場は、ご予約いただいたお席にご案内できない場合がございます。予めご了承ください。

前売開始

2009年9月18日(金)

チケット 全席指定

前売当日共3,000円(税込) 

キャスト

小高仁 鈴木眞 田中敬司 齋藤敏 星さいか 桐山弘太郎 田島和樹 保井健 川屋せっちん

スタッフ

作・演出・美術:保井健 照明:太田安宣 音響:藤本純子 舞台監督:鳥養友美 演出助手:林美和子 宣伝写真:奥村純一 宣伝美術:二宮大輔 制作:J-Stage Navi島田敦子 林拓郎 

協 力

エビス大黒舎 (株)スポーツパートナーズ ラッキーリバー 中村芳樹

このページのトップへ ▲ 20091104

「ろうろう」

宣伝写真

S t o r y

そこを訪れた旅人は、決まって同じ夢を見た。
そこで浮かび上がる、謎。
それを解く鍵は、悠久の歴史のなかに隠れている。


個性派ベテラン俳優、大島宇三郎。
ジャニーズJr.東新良和。
機動戦士ガンダム00、ヒロイン、マリナ・イスマイール役でブレイク、現在、多ジャンルで活躍中の新進声優、恒松あゆみが舞台初出演。
花登筐・劇団喜劇出身の個性派女優、臼間香世。など、
実力派揃いのキャストでお贈りする、JOE Company待望の伝奇ロマン。

劇 場
日 程

2009年10月28日(水)〜 11月2日(月)

 
  10/26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 31(土) 11/1(日)
13:00             ●13:00
14:00           ●14:00  
17:00             ●17:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  11/2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日)
13:00              
14:00              
17:00              
19:00 ●19:00            
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演1時間前。

  • 客席は全席指定になっております。より良いお席にお座りいただく為にも、前売り券のお求めをお勧めいたします。

  • 未就学児童のお客様のご観劇は予めJ-Stage Naviにご相談ください。

JOE Company「ろうろう」のご予約はこちらをご利用ください。

前売開始

2009年9月4日(金)

チケット 全席指定

前売・当日共4,000円(税込)

キャスト

東新良和(ジャニーズJr.) 恒松あゆみ 臼間香世 小野寺丈 植松洋 夏井世以子(Theatrical-Cantabile) 大場達也 成瀬優和(サニーサイドウォーカー) CHIKA 田村まどか 今井里美 SATOMI 内田薫里 園田真子 平山享 広瀬謙 藤田千穂(かもねぎショット) 滝上裕二 岩原明生 天野ユウ(演劇制作体V-NET) 帆足桃子 島田喜之 村山たか緒 池田亜衣子 尾畑美衣奈 田上雅晴 飯田裕之

スタッフ

照明:佐々木睦雄(佐々木照店) 音響:平田忠範(GENG-27) 舞台監督:早坂富雄 美術:大島広子 演出助手:たかぎひろみち 衣装:関口恭子 宣伝美術:石井亨 写真:福島貴之 ビデオ撮影:木村誠 制作:島田敦子(J-Stage Navi) 林拓郎(J-Stage Navi) 早川あゆ(J-Stage Navi) 制作助手:島田喜之 田上雅晴 飯田裕之 協力:株式会社ジャニーズ事務所 株式会社81プロデュース 株式会社太田プロダクション 有限会社宝井プロジェクト 株式会社ビー・エス・カル 有限会社村上事務所 有限会社シーグリーン 夢工房 株式会社アトミックモンキー 株式会社プロダクション・エース ・  株式会社ヒロックスエンターテインメント/総合学園ヒューマンアカデミーパフォーミングアーツカレッジ

このページのトップへ ▲ 20090622

「午後から雨になるでしょう」

宣伝写真

C o m m e n t

短編小説の好きな方、ロードショーより単館上映されている映画が好きな方、ビートルズの「フール・オン・ザ・ヒル」が好きな方、 たいへん好きだったのにうまくはいかなかった恋のひとつやふたつはあるという方、ふたつ以上の方、最近がんばったのに残念な結果のあった方、 リアルという言葉がどうもリアルに感じないという方、暇な方、どうでもいいことが気になりがちな方、やたら屋上にのぼりたがる方、 いつもなにかぼんやり考えているからなかなか開かない踏み切りが気にならない方、妄想が趣味の方、たまに暴走気味の方、ぜひ観に来てください。
この作品を、世の中となんだかうまくいかないひとたちに捧げます。
企画・演出/吉永亜矢

S t o r y

4つの短編。屋上にて。

【悪意の研究】脚本/高木登(鵺的)
ここはうちの屋上。でもそんなのどうだっていい
あなたがきらい、あなたもきらい、あたしの邪魔をするひとはみんなきらい。
悪いのはあなた、ぜったいにあたしじゃない。

【オドル】脚本/藤岡豊
ぼんろぼろの家屋の屋上。どうやらダンス教室のようです。
少しおかしなセンセイやセイトが登場します。
少しおかしなオドリをします。でも、心からオドッているのです。

【Fool On The Roof】脚本/宮下隼一
解体寸前のビル、ゴミに埋もれた屋上。棲みついた男と立ち退かせようとする男。
かみ合わず、すれ違い続ける二人の前に、ついにあの女が現れる。
すべてを解体し、壊すために。

【彼らは雨を連れてやってくる】脚本/森海月
あっちこっちの屋上。清掃員たちの昼飯。
見たろ?窓も床もぴかぴかにするってのに。
おれたちあれだ、ついてないって言うより。
世界じゅうが晴れわたっていても。
背中に雨を連れてる。

劇 場
日 程

2009年10月7日(水)〜 10月11日(日)

 
  10/5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10(土) 11(日)
14:00       ●14:00   ●14:00  
15:00             ●15:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演1時間前。

  • 開演まで5分を切りますとお席の指定を解除させて頂く場合がございます。

前売開始

2009年8月20日(木)

チケット 全席指定

前売3,000円 当日3,200円(税込)

キャスト

藤倉みのり 平山寛人(鵺的) 荒井靖雄 明日香 中村優芽 板倉美穂 堀広希 伊藤浩樹 藤岡豊

スタッフ

企画・演出:吉永亜矢 舞台監督:藤本典江 照明:志村雅幸 音響:永野善彦(綜合舞台) 美術:大島広子 演出助手:金弘哲(妄想の劇団) 宣伝美術:ホソノデザイン 題字:荒谷由美子 制作:J-Stage Navi 協力:IVYアイビィーカンパニー

このページのトップへ ▲ 20090622

「 ショートストーリーズvol.3 」

宣伝写真

S t o r y

【ネルドリップ】脚本・演出/菅井 菅
「コーヒーが嫌いです」と、マスターは笑いながら言った

【バッドデイ オア グッドデイ】脚本・演出/友澤晃一
ありえない なんて ありえない

【カンヅメCafeにようこそ】脚本・演出/スズキ与太郎
書かなきゃ出られない恐怖の喫茶室

【まちの楽しみ方】脚本・演出/鈴木裕那
急いでも、そんなにすぐにはみつかりません・・・・・・


【即興芝居】監修/湯原弘康
各作品の間に即興芝居がはいります。
出演者は日替わりのため、T1 projectのホームページをごらんください。

劇 場
日 程

2009年9月16日(水)〜 9月27日(日)

 
  8/14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 18(金) 19(土) 20(日)
13:00              
14:00           AB CD
17:00              
19:00     AB CD AB CD AB
  21(月祝) 22(火祝) 23(水祝) 24(木) 25(金) 26(土) 27(日)
13:00             AB
14:00   CD AB     CD  
17:00             CD
19:00 CD AB CD AB CD AB  

A=『ネルドリップ』 B=『バッドデイ オア グッドデイ』 C=『カンヅメCafeにようこそ』 D=『まちの楽しみ方』

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演45分前。

  • 10歳以下のお客様のご入場をお断りいたします。

  • 劇場の構造上、開演まで5分を切りますとお席の指定を解除させていただきます。

  • 演出の都合上、開演後のご入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

前売開始

2009年8月17日(月)

チケット 1階席全席指定

前売・当日共 3,500円

  2階席全席自由

前売・当日共 3,200円

キャスト

【ネルドリップ】平井孝幸 本東地勝 中川由子 植勝正 川村淳 田辺咲栄 長菜々美 山下ケイジ

【バッドデイ オア グッドデイ】土田愛実 川辺純子 空 坂口アミ 柏倉裕太 新原良兵 渡邊亮 小笠原花蓮

【カンヅメCafeにようこそ】櫻井幸瑠 龍田知美 今井恒充 齋藤友恵 小笠原奈美 篠山俊 守美樹 箕輪達昭

【まちの楽しみ方】久野圭一郎 白石裕子 張替慎貴 渡邉雅子 山口真由子 村木雄 中嶌大輔 渡辺かな子

スタッフ

美術:橋本尚子 照明:高山晴彦(PAC) 音響:石神保 舞台監督:山田剛史 大道具:(株)ステージ・ファクトリー 宣伝美術:ししどひとみ イラスト:いしかわのぞみ 写真:広瀬真也(SPREAD) 撮影:栗山浩 演出助手:鈴木杏莉・萩沼恵・鈴木康之 制作:井上恵子・クロタアヤコ・はっとりみえ 制作協力:J-Stage Navi

このページのトップへ ▲ 20090622

「 100年目の眠り姫 」

地方都市・福岡で活動しながらもヨーロッパや韓国での公演を重ねてきた異色の劇団が、いよいよ今年9月、福岡・東京での連続公演に挑む!

絶海の孤島に建つ怪しげな研究所に眠る「負の遺産」を巡り、ごくフツーの人間たちが繰り広げる、どこか不思議で、滑稽で、たまらなく切ないSFファンタジー。
童話『眠り姫』をモチーフに、劇団SAKURA前戦独自の世界を描きます!

【トークライヴ】
東京公演本番後に特別ゲストをお招きしてのトークライヴを予定しています。
〔出演予定ゲスト〕敬称略
 小野寺丈/JOE Company主宰として脚本・演出をつとめながら、俳優としても数多くのドラマ・映画・舞台に出演。
 松本匠/RISU PRODUCE主宰として各方面で活躍。舞台「THE WINDS OF GOD」のキンタ役で知られる。
 成瀬優和/サニーサイドウォーカー主宰。元・キャラメルボックス所属の個性派俳優。
 岡安泰樹/17歳で映画デビューし、数々の学園ドラマに出演。その後もハリウッド映画・ドラマ・舞台で活躍。
〔日程〕
 19(土) 14:00 成瀬優和 / 19:00 小野寺丈・松本匠
 20(日) 14:00 小野寺丈
 21(月祝) 19:00 岡安泰樹

他にもサプライズゲストが出演する可能性あり。公演間近になったらHP上で公開いたします。

【福岡公演】
劇 場
日 程

2009年9月4日(金)〜 9月5日(土)

 
  8/31(月) 9/1(火) 2(水) 3(木) 4(金) 5(土) 6(日)
12:00           ●12:00  
19:00         ●19:00    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 高校生以下の方はご入場の際に身分証を提示ください。

  • 未就学児童の入場は原則としてお断りいたします。

前売開始

2009年6月22日(月)

チケット 指定席・自由席

前売・当日共 3,000円

高校生以下 1,500円

【東京公演】第21回池袋演劇祭参加作品
劇 場
日 程

2009年9月18日(金)〜 9月22日(火)

 
  9/14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 18(金) 19(土) 20(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00           ●19:00  
19:30         ●19:30    
  21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26(土) 27(日)
14:00  ●14:00 ●14:00          
19:00 ●19:00            
19:30              

【 ト 】= 本番後にトークライブあり

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演1時間前から整理券を発行いたします。

  • 高校生以下の方はご入場の際に身分証を提示ください。

  • 未就学児童の入場は原則としてお断りいたします。

前売開始

2009年6月22日(月)

チケット 全席自由

前売・当日共 3,500円

高校生以下 1,500円

 
キャスト

池田建太 伊緒里優子 大塚美希 林順二 関聡美 郡山知子 松崎塁 甲元瑞穂 平井紀子 平田千春 川鍋舞

スタッフ

作・演出:石井亮 舞台監督:池田建太 音響:山田卓司 照明:荒巻久登(シーニック) 宣伝美術:ラヴ&ピース川津 制作:島田敦子(J-Stage Navi)

後 援

朝日新聞社 毎日新聞社 読売新聞西部本社 西日本新聞社 FM FUKUOKA cross fm FREE WAVE TENJIN FM Style FM LOVE FM

企画・製作

劇団SAKURA前戦

このページのトップへ ▲ 20090622

「 幕末のドリ府 」

S t o r y

激動の時代「幕末」……。
勢力を失い倒れつつある徳川幕府を内側から盛り上げようと
勝海舟は自らを含む「笑宴隊」(しょうえんたい)と言う
男5名の芸者集団を結成した…。
しかしこの笑宴隊の結成にはもう一つの理由と、「ドリ府」
と言う誰もが耳を疑う仰天の秘策があった!
その理由、そして「ドリ府」とは一体!?
幕末の史実を基にメタフィクションで描く大爆ショー時代劇
「幕末のドリ府」

先人たちの魂、“お盆”に蘇る……!!

劇 場
日 程

2009年8月13日(木)〜 8月16日(日)

 
  8/10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日)
12:00             ●12:00
14:00         ●14:00 ●14:00  
16:00             ●16:00
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。

前売開始

2009年6月6日(土)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,500円

学生 2,500円(劇団のみ取扱い)

キャスト

五十川 三宣(ライトハウス) 田口 智也 平 真ノ丞 溝口 善也 山下 潤 宮本 理英 楠田 敏之(ケッケコーポレーション) 葉月 さや 山崎 菜津 灰野 優子 荒井 麻理 太田 美乃里 杉田 麻由香(Pretty Pink Princess) 川島 真由美 斉藤 邦男 伊徒 奨悟 小原 洋一 高橋 治 長山 雄作 小埜 裕介 土田 有希 多々良 光洋 ■殺陣アンサンブル:田盛 辰実 安藤 裕樹 ■声の出演:板倉 光隆(劇団 昴)

スタッフ

作・演出:多々良 光洋 舞台監督:伊東 龍彦 照明:萩原 賢一郎(LightingOfficeアルティプラノ)                      音響:菱田 雅樹 音楽:長山ドネルケバブ 衣裳協力:着物の中本 宣伝美術:冬雅 伎乃 舞台美術:tataArt 撮影:酒井 太良 所作:澤村 郁子 振付:佐藤 のぶこ 殺陣:小埜 裕介 制作協力:島田 敦子(J-Stage Navi)

協 力

(株)ライトハウス (有)ケッケコーポレーション 大多福一座 Pretty Pink Princess  演劇ユニット ピンクアメーバ

企画・製作

演劇配合サプリメンツ

このページのトップへ ▲ 20090622

「 かたり〜戦火に散ったプロ野球選手〜

C o m m e n t

俳優・タレントとして25年間歩んできた山田雅人。
芸能界で生きる人たちは、自分にとって“芸を磨く”とは何かを常に考えている。
山田雅人の芸のひとつに競馬実況がある。
よどみなく流れるような実況は、全ての言葉が聞き取れる明瞭さを持ち、
息つく間を全く感じさせないほどの滑らかさと、
各段の集中力を持って完結する。
そんな芸を持つ彼が、25年間を経て、
自らのライフワークを、やっと見つけた、と語った。
「かたり」。ひとり芝居でもなく、漫談でもなく、落語でもない。
その日の観客と一緒につくりあげるのが「かたり」だと山田は考えている。
聞き手が目の前にいる。
語り手はまさしく、その目の前の聞き手により、かたり方を変えるのである。
聞き手はそれを聞きながら、頭の中で思い思いの映像に浸る。
4歳の小さな子供も、80歳のご老人も。
700人を相手に、8月11日、
山田は「かたり」はじめる。

【大阪公演】
劇 場
日 程

2009年8月7日(金)

 
  8/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
19:00         ●19:00    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年6月25日(木)

チケット 全席指定

前売 2,500円 当日 3,000円

【東京公演】
劇 場
日 程

2009年8月11日(火)

 
  8/10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日)
17:00   ●17:00          
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年6月25日(木)

チケット 全席指定

前売・当日共 大人 1,500円 子供 1,000円 親子券 2,000円

 
キャスト

山田雅人 中畑清(友情出演、東京公演のみ)

スタッフ

作・演出:山田雅人 市川量也 宣伝美術:ラヴ&ピース川津 企画・プロデュース:岡田謙吾 制作:山田企画 制作協力:J-Stage Navi

協 力

(財)野球体育博物館

このページのトップへ ▲ 20090622

「 暗黒地帯 」

宣伝写真

S t o r y

はじめは排水管がつまっただけだったのです
あきらかに業者の施工ミスだったのです
けれど会社はネズミが土塊を運んだせいだ言い
抗議したわたしは被告になりました
交渉にきた社員が
ただ日本人でなかったばかりに

C o m m e n t

現代日本を抉り
現代社会を探り
現代演劇に昇華するユニット
鵺的(ぬえてき)
始動
そのテイスト、口に苦し

劇 場
日 程

2009年8月5日(水)〜 8月9日(日)

 
  8/3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8(土) 9(日)
13:00             ●13:00
14:30       ●14:30   ●14:30  
17:00             ●17:00
19:30     ●19:30  ●19:30 ●19:30 ●19:30  

【 平 】= 平日昼割 2,500円

  • 開場は開演の30分前。

  • 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年6月25日(木)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,000円

キャスト

荒井靖雄 加藤更果 実近順次 平山寛人 細田刑事(妄想の劇団) 吉田テツタ

スタッフ

作・演出:高木登 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 音響:佐々木華音(BASH / Solid State Kanon) 舞台美術:袴田長武+鴉屋 舞台監督:福田寛 演出助手:武田浩介 宣伝美術:詩森ろば(風琴工房) 写真・ビデオ撮影:安藤和明(C&Cファクトリー) 制作:鵺的制作部・J-Stage Navi

このページのトップへ ▲ 20090622

「 ケモノミチ 」

宣伝写真

夏、首都大壊滅。

『なんか議事堂が破壊されたって言うところまでは緊急放送で聞いたんですよ。
でもそこで電波が途切れたのかな?わかんないですけど、なんせ途切れたから
ダッシュで近くのデパートの屋上に上って。そしたらもうけっこうな見物人が
いたんですけど、見えるんですよ。遠くの方、銀座からあれ、渋谷方面なの
かな、なんせ見える範囲がほとんど炎と煙に包まれてて、その先頭にでっかくて、
真っ黒な、何本も触手って言うんですかね、そういうのをウネウネさせた、
生き物が歩いてるのが。でビックリするのが、風に乗って焼け焦げた臭いと、
その生き物の生ぐさい臭いが、漂ってくるんですよ。
ああ、これって現実なんだなって。その臭いを嗅いだ時にね、はっきり思いました。』


見渡す限りの瓦礫の山。僕たちの毎日は、いとも簡単に吹き飛ばされたんだ。

劇 場
日 程

2009年7月8日(水)〜 7月12日(日)

 
  7/6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日)
14:00         ●14:00 ●14:00 ●14:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  

【 初 】= 初日割引 3,000円(前売・当日共)

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分前。

  • 開演後のご来場の場合、指定のお席にご案内できない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年6月6日(土)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,800円

初日割引 3,000円(前売・当日共)

キャスト

西山宏幸 篠原トオル 永井幸子 寺井義貴 小島聰 馬場泰範 山口かほり 藤原よしこ 深澤千有紀 三科喜代 岡山誠 伊藤聡子 喜安浩平 加瀬澤拓未 川上友里(はえぎわ) 川村紗也(劇団競泳水着) 嶋則人(Oi-SCALE/マグズサムズ) 竹井亮介(親族代表)

スタッフ

作・演出:喜安浩平 音響:水越佳一(モックサウンド) 照明:斎藤真一郎(A.P.S) 美術:長井佳代子 舞台監督:長谷川ちえ 宣伝美術:オカイジン 舞台写真:nana 音楽:西山宏幸 衣裳:山口かほり 制作:J-Stage Navi(田中絵美 林拓郎)

協 力

KNOCKS,INC. ダックスープ マリエ・エンタープライズ株式会社 イマジネイション 玉井企画 ナイロン100℃ はえぎわ 劇団競泳水着 Oi-SCALE マグズサムズ 親族代表

このページのトップへ ▲ 20090511

「 アセンション2012 」

宣伝写真

「私たちのこの身に起こった、この荒唐無稽で不思議な話を、今、この世にいる人たちの、どれだけに信じてもらえるだろうか。」

【演劇ユニット「トレランス」】
「トレランス(tolerance)」とは、寛容、寛大という意味。
いろいろな才能と出会い、偏狭に固まることなく、お互いを受け入れて、広い視野で
やっていこうという姿勢の集団を目指し、2002年5月、上杉祥三と長野里美が立ち
上げた演劇ユニットです。二人が母体となり、様々な人たちと関わりあいながら、
いろいろな形でエンターテイメントを目指しています。

劇 場
日 程

2009年7月2日(木)〜 7月7日(火)

 
  6/29(月) 30(火) 7/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
13:00             ●13:00
14:00           ●14:00  
19:00       ●19:00 ●19:00  ●19:00  
  6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日)
13:00              
14:00   ●14:00          
19:00 ●19:00  ●19:00          

【 ト 】= 昼公演終了後、作家によるトークショー有り。

【 初 】= 初日割引 3,000円。

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年5月15日(金)

チケット 全席指定

前売 4,000円 当日 4,500円

初日割引 3,000円

キャスト

長野里美 前田耕陽 萩野崇 坂口修一 行澤孝(劇団赤鬼) 横道毅(花組芝居) 松葉智子 円堂耕成 海原美帆 神保良介 山口芙実子 加藤道子 江澤規予 柴田みゆき 阿久澤菜々(おぼんろ)

スタッフ

作・演出:上杉祥三 美術:箕田英二 照明:大村真一 音響:井出“PON”三知夫(La Sens) 舞台監督:高木啓吾 写真撮影:石川純 宣伝美術:神野晋一(アナログエンジン) 制作:島田敦子・早川あゆ(J-Stage Navi)

協 力

アン・ヌフ 融合事務所 Walk On 長良プロダクション 劇団赤鬼 花組芝居 バイ・ザ・ウェイ サムライプロモーション 登紀子(アプリコット・バス) おぼんろ

このページのトップへ ▲ 20090511

「 有馬の家のじごろう 」サンモールスタジオ提携公演

宣伝写真

『じごろう』とは、薩摩の国(鹿児島県、宮崎県南部)で『田舎者』を意味する方言です。

S t o r y

 九州南部の山間部、人里離れた村で仕出し屋『有馬亭』を営む『有馬新五郎』には寝たきりの妻『きく』と耳の不自由な長女『みつ』、長男『新一郎』、次男『伸次』、三男『信吾』の父母と4人の子供達がおりました。
 新一郎の親友『藤太』が嫁をもらう事になり、祝言の宴の準備に一家は大忙し。
明治の世になってもうすぐ十年。文明が開化し万民平等の世へと向かう途上の時代。
一人一人がささやかな夢を抱き、新しい未来へ一歩を踏み出そうとしています。
時は、日本最後の内戦『西南の役』の前年でありました。

劇 場
日 程

2009年6月26日(金)〜 7月5日(日)

 
  6/22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 27(土) 28(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00         ●19:00 ●19:00 ●19:00
  29(月) 30(火) 7/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年5月15日(金)

チケット 全席自由

前売 3,200円 当日 3,500円

学生 2,000円(要学生証提示)

キャスト

土屋弘道 小野綾子 山村哲(D・N プロデュース) 市村直孝 藤田佳昭 横澤有紀(プロジェクトM) 山本憲 服部桂來 倉光公生 松本こうせい(劇団AUN) 池野辺祐子 星野謙二郎 早川周

スタッフ

作・演出:市村直孝 照明:沖野隆一(RYU CONNECTION) 音響:菱田雅樹 舞台監督:伊東龍彦 時代考証・所作:夏坂祐輝 宣伝美術:Meg 当日運営:たけいけいこ 制作:田中絵美(J-Stage Navi) / BOTTOM-9

協 力

日本活動装置 日活撮影所 劇団AUM D・N プロデュース MILITARY POWER DASH ナマグサボーイ SRプロダクション 世の中と演劇するオフィスプロジェクトM

協 賛

株式会社SEIJINSHA

このページのトップへ ▲ 20090511

「 第47回 パリ祭 」

宣伝写真

劇 場
日 程

2009年7月4日(土)〜 7月5日(日)

 
  6/29(月) 30(火) 7/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
18:00           ●18:00 ●18:00
  • 開場は17:15。開演は18:00。

前売開始

2009年3月15日(日)

チケット 全席指定

S席 10,000円

A席 7,000円

B席 5,000円

C席 3,000円

キャスト

7月4日(土)

ゲスト:加藤登紀子

芦野宏 石井好子 戸川昌子 前田美波里 ROLLY 荒井洸子 石井祥子 風かおる 嵯峨美子 榊良子 嶋本秀朗 庄司淳 滝むつみ 珠木美甫 仲マサコ パトリック ヌジェ 花木さち子 ひなつ幻 広瀬敏郎 堀内環 宮薗洋子 リリ・レイ あみ 小川景司 玉瑛 倉井克幸 田尻勝久 山本理恵子


7月5日(日)

ゲスト:堺 正章

芦野宏 石井好子 菅原洋一 山本リンダ ROLLY 青木裕史 朝倉まみ 有光雅子 井関真人 伊東はじめ かいやま由起 岸本悟明 杉田真理子 瀬間千恵 高木椋太 畠山文男 パトリック ヌジェ 深江ゆか 古坂るみ子 堀内美希 MIKAKO 水織ゆみ あみ 小川景司 玉瑛 倉井克幸 田尻勝久 山本理恵子


4日・5日共通

司会:永 六輔 遠藤泰子

演奏:岩間南平グループ 桑山哲也(アコーディオン)

スタッフ

監修:石井好子 構成・演出:高平哲郎 プロデューサー:窪田豊 企画・制作:ネオ・ムスク

後 援

フランス大使館文化部 財団法人日仏会館

協 賛

銀座コージーコーナー

主 催

パリ祭実行委員会 日本シャンソン協会

このページのトップへ ▲ 20090420

「 東京ワンダフルライフ 」

宣伝写真

東京タワー。 想い描いた憧れ。
本当に好きなら、また汚れてしまった心で 見せつければいいんだよ。
それが、綺麗になるってことだから。。。

S t o r y

憧れの【東京】に上京して来た里美(代里衣子)は、 幼馴染みのRUI(森律子)と恵理花(みきえりこ)のインディーズブランドで ウエディングドレスの出展のためドレスの製作作業を手伝うことになる。
里美は、【東京】の男に浮かれる日々。ドレスの製作作業もはかどらない。
3人は、ドレスを着る女性の気持ちに気づき始める。
「自分も輝かなければ、輝くものも輝かない」
幸せになるため、それぞれ想いを寄せてる男性に気持ちを伝えようとするが癖のある【東京】の男達に大苦戦。
恋も仕事もうまくいかない3人。
3人の友情がほつれて行く中、1人の女性がハサミを持ち、ウエディングドレスを見つめていた・・・。
その時、【東京】で暮らすキミへ、想いを寄せた録音テープが届けられる。

劇 場
日 程

2009年6月18日(木)〜 6月21日(日)

 
  6/15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20(土) 21(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:30       ●19:30 ●19:30 ●19:30  

【 千 】= 千葉綾乃 出演(Wキャスト形式、日時別に同役を2人が演じます)

【 中 】= 中沢浩之 出演(Wキャスト形式、日時別に同役を2人が演じます)

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。(整理券を配布致します)

前売開始

2009年5月12日(火)

チケット 全席自由

前売 2,800円 当日 3,000円

キャスト

森律子 大嶋伸治 飯塚勝美 千葉綾乃(19(金)、20(土)昼夜) 中沢浩之(18(木)、21(日)) 代里衣子 みきえりこ 福原龍彦(CASETTE) 服部紘二(ハイバネカナタ)

スタッフ

脚本・演出:なかざわひろゆき(G◎LDEN BALL CRUSH) 演出補:さくらたまこ(G◎LDEN BALL CRUSH) 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 映像:一ノ瀬一太(G◎LDEN BALL CRUSH) 舞台監督:_ 宣伝美術:森律子(G◎LDEN BALL CRUSH) WEB・フライヤーPHOTO:荒井大洋 WEBデザイン:うりんちゅ☆ 音楽:飯塚勝美(G◎LDEN BALL CRUSH) 制作協力:J-Stage Navi

企画・製作

G◎LDEN BALL CRUSH

このページのトップへ ▲ 20090511

「 夜合樹〜雨絵巻篇〜」「星降る夜に」「海賊の夜 」

宣伝写真

快飛行家スミス 「夜合樹」(ねむ)
作・演出/北川原梓 演奏/高橋さとみ 川崎純
出演/奈佐健臣 畑中昌 平瀬結以 美術/水谷雄司
一人芝居×生演奏×絡繰り!梅雨の夜ごとに語られる、ヒトとヒトガタの極彩幻惑絵巻。「夢を、売って下さいませんか?」

個人企画集団*ガマ発動期 番外編 「星降る夜に」
作/蜂蜜パンチ 演出・美術/蒲公仁
出演/藤沼繁人 桜井麻樹 篠原里枝子 安田亜希子
ゴミ箱の中で密会する男ふたり。彼らは秘密結社「ムムムの会」に所属し、ある事件を追求しようというのだ。不条理な世を、ことさら不器用に生きる人々の少々おバカで茶目っ気いっぱいな夜の物語。注目の若手俳優を狩り出し、伝説のフタがいま開く!!

スパンドレル/レンジ 「海賊の夜」
作・演出/松本淳市 美術/art-pine
出演/北島佐和子 星耕介 須藤真澄 日下範子
クラゲのような「僕」と真贋不詳の「女海賊」が、言葉にまみれた宝の地図を巡り、夜の波打ち際で激突する。果たして、自衛隊は海賊狩りに出動するのか。三島由紀夫も切り捨て御免の挑発的怪作なんちゃってロマン巨編。

劇 場
日 程

2009年6月10日(水)〜 6月14日(日)

 
  6/8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日)
14:00            ●14:00  
15:00             ●15:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  

【 演 】= 開演前にアコーディオン・コントラバスの生演奏があります。

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

  • 未就学児童はご入場いただけません。

前売開始

2009年4月15日(水)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,300円

キャスト

快飛行家スミス 「夜合樹〜雨絵巻篇〜」

 奈佐健臣 畠中晶 平瀬結以

個人企画集団*ガマ発動期 番外編 「星降る夜に」

 篠原里枝子(フリー) 藤沼茂人 桜井麻樹 安田亞希子 (以上 横浜未来演劇人シアター)

スパンドレル/レンジ 「海賊の夜」

 北島佐和子 星耕介 須藤真澄 日下範子

アコルデオン:高橋さとみ コントラバス:河崎純

スタッフ

作:北川原梓 / 蜂蜜パンチ / 松本淳一 演出:北川原梓 / 蒲公仁 / 松本淳一 照明:龍前正夫 音響:岩野直人(STAGE OFFICE) 宣伝美術:55visio HP作成:木立十 制作・受付:大津幸子 制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)

協 力

流山児☆事務所 アコルト 横浜未来演劇人シアター tsumazuki no ishi メガロシアター

協 賛

株式会社大沢事務所

このページのトップへ ▲ 20090420

「 当選確率0% 」

宣伝写真

S t o r y

市財政が完全に破綻し、周辺の町からゴミが延々と運ばれてくるみどり市。自分たちの生まれ育った街の風景と人の気持ちが崩されていったとき、一人のなんの美点もない男が、大きな野望と小さな身長で立ち上がる。「おれ、市長になる!」
昔の仲間と手作りの政治活動。現職との圧倒的な差。困難を乗り越えてでも一つの目標に向かって奔走する小さなチームの選挙物語。

劇 場
日 程

2009年6月5日(金)〜 6月14日(日)

 
  6/1(月) 2(火) 3(水) 4(木) 5(金) 6(土) 7(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00         ●19:00 ●19:00 ●19:00
  8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日)
14:00     ●14:00 ●14:00   ●14:00 ●14:00
19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年4月1日(水)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,500円

学生割引 1,500円(前売・当日共 高校生以下 要学生証提示 取扱はJSNのみ)

シニア昼割 2,000円(60歳以上 前売・当日共 取扱はJSNのみ)

キャスト

阿達加寸幸 コッセこういち 塩川逸武 斉藤太一 堀田ゆい夏 だてあずみ。 原田真琴 奈良谷優季 菊地未来 椿克之 長谷川麻衣 目黒大輔 亀山浩貴 原元太仁 宮崎雄真 清水雅子 腰高卓也 加藤善丈 濱田嘉幸 不破大志 岩田明

スタッフ

作:南慎介 演出:不破大志 舞台監督:早坂富雄 音響:齋藤貴博(ステージオフィス) 音響操作:小諸トニ 照明:光田卓郎(光☆工房) 舞台美術:八木橋貴之 印刷:(有)カワハラプリント 制作・宣伝:(株)オフィスグローブ・FHEW デザイン:渡辺文思 制作協力:J-Stage Navi 映像撮影:visual creation PLASTIC RAINS スチール撮影:NAr

協 力

AIN'T TRAPPER 株式会社キリンプロ 有限会社シャイニングウィル 演劇集団十人十彩 有限会社バグジーヒーローズクラブ 株式会社メディアスタッフ 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー (五十音順)

このページのトップへ ▲ 20090420

「 ダニーと紺碧の海 」

宣伝写真

都会に住む孤独な男と女を描いた大人のための寓話劇
「俺の線を越えると、お前、死ぬぞ。」
「私に話したら。何か起きて、話せなくなる前に」

【原作者紹介】ジョン・パトリック・シャンリィ
「この芝居を、私を殴ったかキスしたブロンクスの人すべてに、そして私が殴ったかキスしたすべての人に捧げる。」
87年「月の輝く夜に」アカデミー賞脚本賞、04 年「ダウト」トニー賞&ピュリッツァー賞。
気鋭ジョン・パトリック・シャンリィの初期の名作戯曲。

劇 場
日 程

2009年6月4日(木)〜 6月7日(日)

 
  6/1(月) 2(火) 3(水) 4(木) 5(金) 6(土) 7(日)
13:00             ●13:00
14:00           ●14:00  
17:00             ●17:00
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年4月15日(水)

チケット 全席自由

前売 3,500円 当日 4,000円

キャスト

長谷川征司 小谷まり

スタッフ

作:ジョン・パトリック・シャンリィ 演出:長谷川征司 照明:若林恒美 音楽:深川甫 / 児玉浩伸 音響:福西理佳(猫ノ手) 舞台監督:岩崎高広 宣伝写真:フォト1/ωATA 宣伝美術:照紗(Production_Genmu) WEB:眞壁良輔 制作:深津哲也 制作協力:J-Stage Navi

企画・製作

ワザヲギ・プロジェクト

このページのトップへ ▲ 20090420

「 ペラペラゲーム 」再演

宣伝写真

S t o r y

ここは、とある町の女子刑務所。
さまざまな犯罪を犯し、それぞれの刑期を終えた女子受刑者たちは、一週間後に仮釈放を控えていた。
復帰部屋なるところで社会復帰の為の日々が始まる。
しかし“出所”とは喜びばかりではなかった。
時代の流れ、社会の変化、家族、環境、そして自分自身…
不安と戦い、戸惑いながらも取り残された時間を取り戻そうとしている。
…その思いは受刑者だけではなかった。
女子刑務官。
受刑者の保護監督をする立場の彼女たちも戸惑っていた。
刑務所という独特な世界での仕事、厳しい規律の世界、夢と現実、女の幸せは…

たった一枚の壁の内と外。
されど重い一枚の壁。
誰もが戸惑い、誰もが不安を感じる中、希望の光が見えたとき…
そのとき女たちは…

劇団ハートランドがお送りする切なくて、可笑しくて、ほろ苦い女たちの物語
ハートに響く自信作を、キャストも新たに再演いたします。

劇 場
日 程

2009年5月27日(水)〜 6月2日(火)

 
  5/25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30(土) 31(日)
14:00           ●14:00  
15:00             ●15:00
19:00           ●19:00  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  6/1(月) 2(火) 3(水) 4(木) 5(金) 6(土) 7(日)
14:00              
15:00 ●15:00            
19:00   ●19:00          
19:30 ●19:30            
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分前。(受付開始時間より整理券を配布致します)

  • 開演後のご来場の場合、混雑状況によりお席にご案内できない場合がございます。予めご了承下さい

前売開始

2009年3月20日(金)

チケット 全席自由

前売 3,500円 当日 3,800円

キャスト

高橋亜矢子 大西多摩恵 小林美江 ふるたこうこ 箱木宏美 梶原茉莉 保谷果菜子 九里みほ 本田由佳 増田あゆみ

スタッフ

作・演出:中島淳彦 音響:井出比呂之 照明:今野恵美子(大庭照明研究所) 舞台美術:田中敏恵 舞台監督:松下清永 イラスト:久原大河 宣伝美術:小林哲也 制作協力:J-Stage Navi

企画・製作

ハートランド

このページのトップへ ▲ 20090420

「 RODEO〜 嘘ツキハドロボーノ始マリ 〜

宣伝写真

S t o r y

僕のおじいちゃんはドロボーでした――――――――――――

お母さんとおじいちゃん家に行きました。
おばあちゃんやみんなも来ていました。みんなおじいちゃんが大好きです。
でも、おじいちゃんはいませんでした。
そして、マサール君に会いました。
ともだちになりました。いろんな遊びをして楽しかったです。
「また会おうね」と約束しました。でも、それっきり会うことはありませんでした。
夏になる、ちょっと前のある日のことでした。
おじいちゃんが大好きです。
マサール君に会いたいです。

――――――――――――僕も立派なドロボーになりたいです。

劇 場
日 程

2009年5月28日(木)〜 5月31日(日)

 
  5/25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30(土) 31(日)
13:00             ●13:00
14:00           ●14:00  
16:00             ●16:00
19:30       ●19:30 ●19:30  ●19:30  

【 ラ 】= 終演後、hanogによるライブあり。(30(土)14時の回を観劇された方のみ)

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演5分を過ぎますと指定のお席にご案内できない場合がございます。

  • 未就学児童のご入場はご遠慮いただく場合がございます。

前売開始

2009年4月10日(金)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,500円

学生割引 2,000円(前売・当日共 高校生以下 要学生証提示 取扱はJSNのみ)

キャスト

井上あかね 岡田優 川屋せっちん 齋賀正和 杉田浩子 鈴木眞 田村順子 鳥越夕幾子 マサール 松岡努 宮田隼誠 古田直美 山内麻莉 他 (五十音順)

スタッフ

作・演出:古川靖博(ROGO) 舞台監督:三輪学 照明:奥田賢太 音響:藤平美保子 舞台美術:仁平祐也 音楽:hanog 映像:梶田倫之 宣伝美術:清水智宏 舞台写真:吉田八郎 制作補助:鈴木嵩征 / 横山徹 制作協力:J-Stage Navi 企画制作:ROGO

協 力

オスカープロモーション ギュラ colore セメント金魚 劇団昴 タイムリーオフィス TES フライディ ロゴラボ ラッキーリバー (五十音順)

主 催

ROGO

このページのトップへ ▲ 20090420

「 結婚しようよ!!〜 very merry marriage! 〜

宣伝写真

S t o r y

 お見合いパーティー・・・・・。

 それは結婚できないわけありの男女が集う、愛の社交場。
 距離感が計れない男。
 高望みしすぎる女。
 嘘ばかりつく男。
 サクラで参加する女たち。

 愛に迷える様々な子羊たちが、今日もパーティー会場に集う。

 そのパーティーを運営する、運営会社「ル・クレール」の社員・相原未来。
 人に幸せを運ぶ仕事に就きながら
 自身のプライベートの恋愛運は全くない、不運な女性なのであった。

 はたして恋愛に臆病になっている参加者達を、未来は救うことができるのか?
 そして、未来自身の恋愛は・・・・・?

 U.S BLUNCH THEATER vol.2 は、お見合いパーティーの会場を舞台に、
 未来と参加者たちが起こす小さなドラマを描いた、
 ヒューマン・ラブ・シチュエーションコメディ!

 毎回が、初恋です。

劇 場
日 程

2009年5月21日(木)〜 5月24日(日)

 
  5/18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23(土) 24(日)
12:30             ●12:30
14:00         ●14:00 ●14:00  
17:00             ●17:00
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始およびロビー開場は開演の1時間前。

前売開始

2009年4月20日(月)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,300円

プレミアムシート 3,500円(WEB先行予約のみ)

キャスト

久保亜沙香(SaintPromotion) 永戸武士(グループ・ファーストエース) たぬまゆみ(MarvelYell) Hiroka Denzy(映劇プロデュースAUDREY) 黒田浩史 杉山雅紀 西尾悠里(天誅大作戦) 森幸子 小野偉子(PLATINUM-S) 安原舞(東京新社) 尾崎祐人 池田麻美 原のぶひろ 花岡芙喜子 笠間佑奈(東京新社) 藍原 由愛 (S.V.A.A) 外立 亘 (エンタテイメント演劇集団A2)

スタッフ

作・演出:海原

このページのトップへ ▲ 20090420

「 月台〜渋谷三丁目の猫たち〜

宣伝写真

S t o r y

渋谷の、とある小さな公園に、さまざまな事情から集まってきた猫達。
昔のトラウマからなのか、影を背負って生きているお局の渡辺(猫)。
いつか人間に飼われることを夢見ている、超プラス思考のミケ(猫)。
ある日、突然やってきた世間知らずのたま(猫)。
3匹は、見た目も性格も全く違う素性だが、一緒の時間を過ごしているうちにお互いが大切な存在に変わっていく。
ありふれた生活のなかに、巻き起こる「笑い」「戦い」「事件」そして「無情」。
3匹は、それぞれの短い人生の中で狂喜乱舞し、絶望し、最後に小さな希望を見つけ出す。
猫と人間と、なんら変わりない世界を、猫目線でお届けするいろんな意味でひゅーまにずむな物語です。

劇 場
日 程

2009年5月21日(木)〜 5月24日(日)

 
  5/18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23(土) 24(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00           ●19:00  
19:30       ●19:30 ●19:30    
  • 受付開始・開場は開演の30分前。

前売開始

2009年3月20日(金)

チケット 全席自由

前売 2,500円 当日 3,000円

渋谷割 2,000円(劇団のみ取扱い)

リピーター割引 1,500円(半券提示)

キャスト

河原泰璃 坂井麻美 草沢友里

スタッフ

作・演出:河原頼 舞台監督:山本賢吾 照明:今西理恵(LEPUS) 音響:筧良太((有)アラベスク) 音楽プラン:Pardon? スチール撮影:山口裕代 宣伝美術・ホームページ:松本景子 制作:草沢友里 制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)

協 力

空気さん

このページのトップへ ▲ 20090420

「 オリマエ 」

宣伝写真

バス停の名前は「オリマエ」。
刑務所の前のバス停。
檻の前のバス停、「オリマエ」
目の前にはカツ丼屋。
店に男がやってきた。檻から出てきたその男。
男を待ち続けた人々。
その物語は「オリマエ」で起こる・・・。

【劇団K助】沿革
2003年、作家の金沢知樹を主宰としお笑い芸人数名(大隈いちろう・マー坊等)と共に旗揚げ。
シアターモリエールでの第1回公演「ヤマトタケルの面々」で、お笑い芸人と役者との共演が話題を呼び、年2回の定期公演で着実に動員数を伸ばす。以降、2005年までザブングル等もレギュラー出演。
多くの作品はシュチュエーションコメディーでありながら、バランスよく散りばめられた人間ドラマで観客の涙を誘っている。
最近では小劇場界から野本光一郎(ONEOR8)などをゲストで向かえ、よりクオリティーの高い作品創りを目指している。

【主宰・作/金沢知樹】
お笑い芸人としてデビュー後、並行して様々な番組に放送作家として参加。
劇団K助旗揚げ後、独特のキャラクターを活かし出演を続けていたが、脚本のクオリティーを上げる為に2007年より作家のみの参加とする。2008年7月にSETジェネレーション・ギャップ「部屋と僕と弟のはなし」(脚本/金沢知樹 脚色・演出/大関真)で文芸社ビジュアルアート「星の戯曲賞」準グランプリを受賞。
最近ではBSフジ・SETタイツマンズ「笑学六年生」へのレギュラー脚本提供や、映画脚本など劇団K助以外での活動の場も広げている。

劇 場
日 程

2009年5月13日(水)〜 5月18日(月)

 
  5/11(月) 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16(土) 17(日)
13:30           ●13:30 ●13:30
14:30       ●14:30      
17:30           ●17:30 ●17:30
19:30     ●19:30  ●19:30 ●19:30    
  18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23(土) 24(日)
13:30              
14:30              
17:30              
19:30 ●19:30            

【 平 】= この回のみ 2,500円

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年3月17日(火)

チケット 全席自由

前売 3,500円 当日 3,800円

キャスト

大竹浩一(劇団SET) 金沢知樹 Kei(トラストワンホープ) 斉藤誠人(SMA) 酒井俊介  星野卓誠  水野直  吉田晋一  相原美奈子(劇団†勇壮淑女) 兎本有紀(宝井プロジェクト) 中沢純子  広澤草(MSエンタテインメント) 松村真知子

スタッフ

脚本・演出:金沢知樹 舞台監督:熊脇直介 音響:河野恒彦(フリーウェイ) 照明:赤田智宏(日高舞台照明) 宣伝美術:川本裕之 企画:劇団K助 制作:萩森淳 鈴木美奈子 制作協力:J-Stage Navi

協 力

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 劇団勇壮†淑女 Road MK (有)宝井プロジェクト (株)ソニー・ミュージックアーティスツ (株)MSエンタテインメント

企画・製作

松本たかし

このページのトップへ ▲ 20090420

「 オール・アバウト・ラブ 」

宣伝写真

男と女が、ホテルでから騒ぎ。
「世界」は「ラブ」で出来ていて、「ラブ」は「コメディ」に様変わり。
てにどうがお送りする、全9話のオムニバス形式のラブコメディ「オール・アバウト・ラブ」。

劇 場
日 程

2009年5月13日(水)〜 5月17日(日)

 
  5/11(月) 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16(土) 17(日)
13:00             ●13:00
13:30     ●13:30 ●13:30 ●13:30 ●13:30  
16:00             ●16:00
17:00         ●17:00 ●17:00  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  

【 A 】= all we need is love(全5話)

【 E 】= Essence of life(全4話)

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

  • 二本立て公演(オムニバス9話構成)

前売開始

2009年4月13日(月)

チケット 全席指定

前売 3,200円 当日 3,500円

学生割引 2,500円(取扱はJSNのみ)

通し券 5,500円(取扱はJSNのみ)

リピーター割引 2,500円

キャストall we need is love(全5話)

東間誠司 出水由起子(突スタイル) 今井彩 上山学 唐沢龍之介 喜瀬太一郎 小林あや 白鳥光治 多賀友紀 坪内悟 福島理可 渡部遼介

Essence of life(全4話)

浅井伸治 浦出華代 大森照子 栗山永吾 小久保英明(てにどう) 小森理 税所伊久磨 櫻井俊輔 城間真(地球部) すわいつ郎(グワィニャオン) 田村浩子 別府明華

スタッフ

作・演出:工藤剛士 舞台監督:松本翠 舞台美術:青木拓也 照明:加島茜 音響:坂知学 宣伝美術:小林鉄平 衣装:摩耶 制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)

企画・製作

企画:玉井智之 製作:ttk

このページのトップへ ▲ 20090420

「 あしたブログ 」

宣伝写真

【ストーリー】

始まりは、ある平凡なサラリーマンが手に入れた見たこともないノートパソコンだった。
そこには、奇妙なアドレスしか開けなくなっていた。
Tomorrow diaryと書かれたトップページ。
次をめくると、書き込めるようになっていた。
「なんだ。ブログか」程度に、冗談半分に適当な事を綴ってみた。
すると翌日には、その通りの出来事が現実に起こったのだった。

男の勤める会社では、その話題で持ちきりになった。
思い通りに事を進ませることが出来るソレによって、最初は小さな願いから、徐々に人間の欲望は膨らんでいった。
“神”をも手に入れようとする者たちの、欲に駆られた争奪戦が始まろうとしている。
それは、余りにも滑稽で、余りにもスリリングな出来事だった。

【コメント】

夜が明けたら、僕の手の中に明日がいる。
主宰である小野寺丈が23歳の時に書き下ろし上演。好評を博した作品を全編改稿してリメイクいたします。
“日記帳に書いた出来事が現実に起こる”このモチーフで、当時は純愛を絡めた学園ものでした。
時は21世紀となり、日記帳もブログと形を変えた現代。その時代に生きる大人たちの人間ドラマを描きます。
欲望に駆られた人間たちが、神をも手にしょうと、ソレを争奪するスリリングな展開に、欲の裏に見え隠れする人間の可笑しさと悲しさ、ユーモアとペーソスに満ちた、大人のエンターテイメントにしたいと思っています。

その作品を演じる出演者は、主宰の小野寺丈を始め、「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」にレギュラー出演する、ジャニーズ事務所の若手有望俳優・東新良和。
「おみやさん」レギュラー出演など、近年、頭角を表し、イケメンから実力派へ脱皮をはかる一條俊。
地球ゴージャスや30デラックスなどに出演し、JOE Companyでも無くてはならないキャラクターとなった大場達也。
元キャラメルボックスで現在は自分でも主宰する成瀬優和。
元ランプティ・パンプティ、京都出身の藤村忠生。
無名塾出身、栗須絵里子。
福岡のトップ劇団、ギンギラ太陽's に出演していた北川宏美。
京都で活躍する女優、山本容子。
など、実力派、個性派、若手が揃う顔ぶれとなりました。

東京で始まる公演は、大阪、京都の関西地区を経て、初めて訪れる福岡。そして、恐らく東京の小劇場界では初進出となる沖縄:宮古島。
パチンコメーカー京楽が初めて演劇をプロデュースする名古屋公演。
東京から南へ向かう一大ツアーを敢行いたします。

  • ■ 毎日新聞 4月1日(水)発売号 掲載 ■

  • ローソンチケットサイトにて紹介ページ掲載

  • ■ シアターガイド 4月号 掲載 (3月2日(月)発売) ■

  • ■ POTATO 4月号 掲載 (3月7日(土)発売) ■

  • ■ 演劇ぶっく 3月9日(月)発売号 掲載 ■

【東京公演】
劇 場
日 程

2009年4月1日(水)〜 4月12日(日)

 
  3/30(月) 31(火) 4/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
13:00              
15:00           ●15:00 ●15:00
17:00              
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  
  6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日)
13:00             ●13:00
15:00           ●15:00  
17:00             ●17:00
19:30 ●19:30 ●19:30   ●19:30 ●19:30 ●19:30  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席指定

前売 4,000円 当日 4,000円

【大阪公演】芸術創造館マンスリーシアター 主催:大阪市
劇 場
日 程

2009年4月17日(金)〜 4月19日(日)

 
  4/13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日)
15:00             ●15:00
18:00           ●18:00  
19:30         ●19:30    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,800円

学割 前売 2,800円 学割 当日 3,000円

【京都公演】ART COMPLEX 1928 共催公演
劇 場
日 程

2009年4月23日(木)〜 4月26日(日)

 
  4/20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日)
15:00             ●15:00
18:00           ●18:00  
19:30       ●19:30 ●19:30    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,800円

学割 前売 2,800円 学割 当日 3,000円

【福岡公演】第3回福岡演劇フェスティバル参加作品
劇 場
日 程

2009年4月29日(水)

 
  4/27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 5/1(金) 2(土) 3(日)
15:00     ●15:00        
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席自由

前売 3,800円 当日 3,800円 (福岡演劇フェスティバル共通チケットを当日持参の方は2,800円でご入場できます)

【沖縄・宮古島公演】
劇 場
日 程

2009年5月2日(土)

 
  4/27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 5/1(金) 2(土) 3(日)
19:00           ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席指定

一般 2,500円 高校生以下 2,000円

【名古屋公演】KYORAKU presents
劇 場
日 程

2009年5月8日(金)〜 5月9日(土)

 
  5/4(月) 5(火) 6(水) 7(木) 8(金) 9(土) 10(日)
13:00           ●13:00  
17:00           ●17:00  
19:00         ●19:00    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月27日(金)

チケット 全席指定

前売 4,000円 当日 4,000円

 
キャスト

東新良和(ジャニーズJr.) 小野寺丈 一條俊 藤村忠生 大場達也 成瀬優和(サニーサイドウォーカー) 栗須絵里子 北川宏美 山本容子

スタッフ

作・演出:小野寺丈 照明:大串博文(アステック) 音響:黒沢靖博(Ks sound) 舞台監督:早坂富雄 演出助手:タカギヒロミチ 写真:福島貴之 宣伝美術:石井亨 ビデオ撮影:木村誠 制作助手:齊藤光司 飯田裕之 制作:島田敦子(J-Stage Navi) 田中絵美(J-Stage Navi) 企画・製作:小野寺丈 京都公演エグゼクティブプロデューサー:古田博一 大阪・京都公演プロデューサー:小原啓渡 松原利巳 宮古島公演スーパーバイザー:我如古充 森田保 名古屋公演エグゼクティブプロデューサー:渡邊崇 内村和樹

協 力

株式会社ジャニーズ事務所 株式会社太田プロダクション (株)ソニー・ミュージックアーティスツ 株式会社ビー・エス・カル 有限会社ぐるうぷ香住 PUBLIC CHANNEL /オフィスホワイト ヒューマンアカデミー atelierDingDong

大阪公演主催:大阪市 京都公演共催:ART COMPREX 1928 福岡公演提携:西鉄ホール(西鉄ムーブスペシャル) 宮古島公演後援:宮古島市教育委員会 名古屋公演主催:京楽産業.株式会社 後援:(ロゴ)京楽産業.株式会社 協賛:福岡フェスティバル

このページのトップへ ▲

「 ククリの空〜青ゐ鳥(アヲヰトリ) 」【再創】

宣伝写真

初めて空を見るキミ、ようこそ「アヲ(狭間)」の世界へ…。
メーテルリンクの童話劇『青ゐ鳥』。縄文古語『アヲ』が意味するもの。
日本書紀の別伝に一度だけ登場する謎の神『菊理媛(ククリヒメ)』。
全てのモチーフが「再演」を越えた『再創』で、新たな産声を上げる。
親になれなかった子どもたち。子どもでいられない親たち。
これは「人(の)間」と「時(の)間」を飛び交う「青ゐ鳥(アヲヰトリ)」が
全ての親と子を「親子」へと結合わす、今と昔のお話・・・。

稽古場ブログにも遊びに来てね! http://kukurinosora.jugem.jp/

  • ■ ToRadio「演劇ネットワーク」 2月18日(水)〜 3月3日(火)までWEBラジオ配信中 ※菊岡理紗がゲスト出演!■ http://www.toradio.org/radio/engekinet/

  • ■ 3月2日(月)発行 Confetti(カンフェティ) 公演情報掲載 ■

  • ■ 3月5日(木)発売 Weeklyぴあ 公演情報掲載 ■

  • ■ 3月9日(月)よりローソンチケットにてinnerchildの特設ページがup ■ http://l-tike.com/oc/play/innerchild/

  • ■ 3月27日(金)発売 ベストステージ 公演情報掲載 ■

  • ■ 4月11日(土) AM10:30頃〜約25分間 調布エフエム83.8MHz 【公開生放送!】ラジオボンバー『芝居のススメ』 ■
    スタジオ:調布エフエム放送 サテライトスタジオ http://www.jcom.co.jp/shop/list/chofu-setagaya_tokyo/choufu.html

  • 《今後の予定》

  • ■ 近日 e+(イープラス)にて公演告知の動画配信 ■

  • ■ 3月 エフエム世田谷「THEATERーF」出演 ■

劇 場
日 程

2009年4月27日(月)〜 5月3日(日)

 
  4/27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 5/1(金) 2(土) 3(日)
12:00             ●12:00
14:00      ●14:00   ●14:00 ●14:00  
16:00             ●16:00
18:00     ●18:00        
19:00 ●19:00 ●19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00  

【 映 】= 前回公演『i/c(アイ・シー)』上映会(上映会のみ自由席:開演の30分前より整理券配布・開場は開演の15分前)

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年3月12日(木)

チケット 全席指定

前売 3,800円 当日 3,800円

キャスト

小手伸也 菊岡理紗 石川カナエ 武智健二(ジャパンアクションエンタープライズ) 工藤潤矢 加藤和久 前田剛(BQMAP) 貝塚建(劇団桃唄309) 仗桐安(RONNIE ROCKET) 初谷至彦(NG企画) 北川義彦 大沼優記 柳田幸則 戸田朱美(桜月流美剱道) 赤松直美 渡部晶子(無名塾) 中谷千絵(天然工房) 小柳こずえ 坂本文子 中山智香子 小暮絹誉 桃森すもも(劇団Nom'b) 西川小喜 MIO

スタッフ

作・演出:小手伸也 舞台監督:筒井昭善 舞台美術プラン:筒井昭善 照明:榊美香((有)アイズ) 音響:尾林真理 映像:メリケンサック 衣装:渡辺まり メイク:荻原麻弥 小道具:桜井徹 スチール撮影:引地信彦 宣伝美術:Gauntlet 制作:J-Stage Navi(早川あゆ) / QuaRia

企画・製作

innerchild

このページのトップへ ▲

「 海と媚薬 」

宣伝写真

俺達は、命がけでパンティーを奪う!

「だったら、あの人のパンティーがほしい…」
病魔と闘う親友の“願い”のために僕らが企てた 無謀なパンティー強奪作戦。
しかし、結成されたチーム「ぱんてぃ〜ず」をまっていたのは、凶暴な飼い犬と、屈強なサーファー彼氏、そして、親友の理想とあまりにかけ離れた、彼女の魔性の姿だった。
「あの人が…今の俺の支えだ」
何も知らない親友のため、それでも作戦成功の花火を打ち上げるべく、
少しだけ早い海の家を舞台に友情・恋愛・裏切り、そして生と死…それぞれの思いが交差して紡ぐ青春群像。

劇 場
日 程

2009年4月24日(金)〜 4月29日(水)

 
  4/20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日)
13:00             ●13:00
14:30           ●14:30  
17:30             ●17:30
19:30         ●19:30 ●19:30  
  27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 5/1(金) 2(土) 3(日)
13:00              
14:30   ●14:30 ●14:30        
17:30              
19:30 ●19:30  ●19:30          

【 平 】= 平日マチネ割引き公演

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年3月16日(月)

チケット 全席指定

前売 3,000円 当日 3,300円

平日マチネ割引 ¥2,700(前売・当日共)

学生割引 ¥2,300(前売・当日共)

キャスト

荒木秀行 太田在 川村進(無名塾) 神田敦士 小暮清貴 斉藤祐一(文学座) 篠山美咲(無名塾) 静馬弘毅 豊永伸一郎 中上五月 松村時男 村井麻友美

スタッフ

作・演出:静馬弘毅 照明:鳥居博司 音響:鍵山隆浩 舞台美術:向井登子 舞台監督:松井佐知子 宣伝美術:イノリユキエ(hype) 制作協力:J-Stage Navi 制作:RTC 小道具:高津装飾美術株式会社 チラシ印刷:ロングランプランニング株式会社

協 力

アデッソ ヴィヴィアン 劇団NLT オフィスのいり オフィスまとば GRORY PRODUCTION サディーカ (株)仕事 ストローハウス 文学座 ポケット ロックリバー株式会社 (50音順)

企画・製作

ジーパンズ

このページのトップへ ▲

「 彼方の水源 」「 太陽の匂い 」

宣伝写真

「彼方の水源」(上演時間 約1時間15分)
舞台は火葬場のロビー。
アルコールに人生を侵食されつくした男が死んだ。男には二人の息子がいた。
放埓な父に翻弄されつつも、認め、許し、最期を看取った長男。
父を、厭い、抗うも、父の相似形のような人生を進みかけている次男。
血を分けた兄と弟だからこそ、埋まらぬ溝がある。
その溝を懸命に埋め、二人に寄り添ってきた幼馴染の女。
女は次男に恋心を抱きつつ、逡巡の末に長男の妻となっていた。
そして、次男の恋人も現れ、四人四様の想いが、出口を失い心を焦がしていく。

「骨は、長い時間をかけ、水に変わる」女はポツリと漏らす。
生きているが故の、葛藤、苦しみ、痛み。
いつの日か浄化され、やがて大地と溶け合う純水となる。
そのイメージは、業火に降り注ぐ雨粒のように、それぞれの心に染みていく。

男の体が焼け、骨になるまでの物語。


宣伝写真

「太陽の匂い」(上演時間 約25分)
舞台は、今井家のリビング。
今井家ではその日、母親が再婚し家を出ていった。残されたのは三人の姉妹。
父の記憶がほとんどない三女は、義父の存在に早くも順応しているが、
長女と次女は、釈然としない感情を抱えたままである。
不穏で空虚さの漂う今井家に、長女の親友が訪れる。
親友は、離婚し、実家に戻ってきたばかり。

「家族」という関係性は永久に変わることはないが、
家族が作る「家庭」は、時間と共に変質していく。
姉妹も親友も、この先どんな「家庭」を築けばいいのか見失ってしまっている。

しかし登場人物たちは、それぞれの想いをぶつけ、吐き出すなかで、
人との繋がりの大切さや、愛し愛されることの幸福さを再認識していく。
そして自分なりの幸せに向かって歩んでいこうとするのだった。

  • ■ 演劇ぶっく 3月9日(月)発売号 掲載 ■

劇 場
日 程

2009年4月22日(水)〜 4月27日(月)

 
  4/20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日)
14:00       ●14:00   ●14:00 ●14:00
18:00           ●18:00 ●18:00
19:00              
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 5/1(金) 2(土) 3(日)
14:00              
18:00              
19:00 ●19:00            
19:30              
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月20日(金)

チケット 全席自由

前売 3,500円 当日 3,800円

学割 2,500円(前売・当日共 J-Stage Naviの電話受付のみ 03-5971-9002 要学生証提示)

キャスト

「彼方の水源」 山本了(同居人) 高嶋みあり 佐藤健 大石里沙

「太陽の匂い」 山像かおり(文学座) 高村圭 小林美幸 野々村のん(青年座)

スタッフ

作:大正まろん(流星倶楽部) 演出:寺十吾(tsumazuki no ishi) 照明:阿部康子(あかり組) 音響:岩野直人(StageOffice) 舞台美術:蒲公英 舞台監督:松木淳三郎 宣伝美術:マツウラタマエ(横浜未来演劇人シアター) 宣伝写真:染谷育子 制作:千年恭子 J-Stage Navi 企画・製作:高嶋みあり(CO9) キャスティング協力:佐山泰三(サンモールスタジオ) プロデュース協力:高澤良則

協 力

ケイエムシネマ企画 個人企画集団*ガマ発動期 サンモールスタジオ スターダストプロモーション スパンドレル/レンジ 青年座 tsumazuki no ishi 同居人 羽衣1011 文学座 横浜未来演劇人シアター ラミパス (五十音順)

このページのトップへ ▲

「 ショート・ストーリーズ vol.2 」

宣伝写真
劇 場
日 程

2009年4月21日(火)〜 4月26日(日)

 
  4/20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日)
13:00             ●13:00
14:00       ●14:00   ●14:00  
17:00             ●17:00
19:00   ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分前。

  • 上演時間 作品A 1時間 (休憩10分) ミニストーリー (休憩5分) 作品B1時間  (※どちらがABかは未定)

前売開始

2009年3月17日(火)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,500円

キャスト『お蔵ライフ』

渡辺かな子 土田愛実 伊藤さやか / 張替慎貴 黒木由夏 中嶌大輔 / 星野恵亮 箕輪達昭

『リセット』

久野圭一郎 東加奈子 / 空 柏倉裕太 新原良兵 本東地勝 / 今井恒允 村上隆文

「ミニストーリー」日替わりキャスト
スタッフ

脚本・演出:鈴木裕那『お蔵ライフ』 友澤晃一『リセット』 大橋秀和「ミニストーリー」 美術:橋本尚子 照明:高山晴彦(PAC) 音響:石神保 舞台監督:山田剛史 大道具:ステージ・ファクトリー 宣伝美術:田尻雅美 写真:広瀬真也(SPREAD) 映像撮影:栗山浩 制作:井上恵子 クロタアヤコ はっとりとみえ 制作協力:J-Stage Navi

協 力

Nの2乗 サンミュージックアカデミー (有)シーライオン (有)ジャングル

製 作

T1project

このページのトップへ ▲

「 女々しくて 」

宣伝写真

私は今、興奮している。

私、喜安がもう30年近くになるだろう、心の奥にしまい込んできた【無数の女をかこって、あんなことやこんなことをさせたい】という野望を実現させるためのプロジェクト、それこそが今回の「女々しくて」なのである。まさに時は来た。
万感の思いとはこのことであろうか。私は今、興奮しているのである。

野望のためなら手段は選ばない所存だ。作・演出という立場を利用して、いろんな事をさせてやろうと思っている。
きっとあの女たちは、苦い顔をして、しかし作品のためだという言葉に騙され、従順に指示に従うはずだ。私は王様気分だ。
仮に従わなかったとしても、あらん限りの工夫でもって従わせていく。この日のために作家を続けてきたのだ。
私が知りうる全ての言葉を尽くして説得しよう。メール。電話。待ち伏せ。土下座。断りきれるものではないのではないか。
だが逆に嫌われないための工夫も必要だ。優しい笑顔と惜しみない出資。おごったり、贈ったり、たまには現金を封筒に入れてそっと渡してみたり。お金の力は凄いと聞く。
使わない手はないのだ。もちろん、これまでじゅうぶんに喜安はけっこういい人だという刷り込みも済ませてある。バカ野郎、これまでなんのためにヘコヘコしてきたと思ってるんだ!!

だがしかし、それでもなお不安は尽きない。私の心の王国は今も情勢不安。口答えされる。煙たい顔される。
遠くの方でコソコソ笑われる。興味が無い。そんな態度を見せられる度に、ガラスのハートは大きく傷つくのだ。
恐るべし、無数の女たち。言うほど無数でもないし。しかもよく見れば男が一人混ざっているではないか!!

描くのは無数の女の人生の断片。母親、姉妹、恋人。女たちが次々にあんなことやこんなことをするだろう。
頑張れオレ、野望の実現まであと少しじゃないか。難攻不落の女たちを相手に、たとえなにかの藻屑となって散ろうとも、私は戦う覚悟なのだ。女たちのブルドッキングヘッドロックだと?あの女たちのどこが女々しいと言うのだ。

喜安浩平
17日(金)14:00 追加公演決定!!

劇 場
日 程

2009年4月10日(金)〜 4月19日(日)

 
  4/6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
18:00             ●18:00
19:30         ●19:30 ●19:30  
  13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日)
14:00   ●14:00 ●14:00   ★14:00 ●14:00 ●14:00
18:00             ●18:00
19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  

【 ★ 】= 追加公演

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分前。

  • 開演後のご来場の場合、混雑の状況によりご案内できない場合がございます。予めご了承下さい。

前売開始

2009年3月7日(土)

チケット 全席自由

前売 2,800円 当日 3,300円

キャスト

永井幸子 山口かほり 三科喜代 深澤千有紀 藤原よしこ 岡山誠 黒木絵美花 津留崎夏子(世界名作小劇場) 森谷ふみ(ニッポンの河川)

スタッフ

作・演出:喜安浩平 音響:水越佳一(モックサウンド) 照明:斎藤真一郎(A.P.S) 美術:__ 舞台監督:長谷川ちえ 宣伝美術:オカイジン 舞台写真:nana 音楽:西山宏幸 衣裳:山口かほり 森川美香 制作:J-Stage Navi(田中絵美 林拓郎)

協 力

ナイロン100℃ ダックスープ イマジネイション Queen-B 世界名作小劇場 ニッポンの河川

このページのトップへ ▲

「 刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ 」

宣伝写真

【ストーリー】

『その者、雪が如く白き肌を持ち、炎が如く眼(まなこ)を持つ、異形の者なり。
その者は白子にて、月明かりの下のみにて姿を現わし、狩る。闇夜に生けるものなり。
その名を白狐丸と言ふ。
その白き肌に、失われし記憶を記す者あり。
その娘、一晩経つと、昨日の出来事を忘るる奇病にて、名を静と言ふ』


とある古文書の地図を、教授の研究室から持ち出したハジメとメグミ。
しかしちっとも目的地に辿り着かない。
そこへ現れた案内人、轟が語り出す物語とは?
そして、岩窟に記された一枚の書。
謎に満ちた歴史をひも解く二人を待ち受けていたのは、驚愕のラブロマンスだった。

【コメント】

ASSHが初めて過去に飛ぶ!
ACTPR'S TRASH ASSH 第十回記念公演「刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ」は初のダブルキャストにて初のオリジナル時代物。

ASSHメンバー主体の『刻』
客演メンバー主体のプロデュース公演『我』

どちらを観るか。
どちらも観るか。


刻め。

  • ■ 演劇ぶっく 3月9日(月)発売号 掲載 ■

劇 場
日 程

2009年4月1日(水)〜 4月5日(日)

 
  3/30(月) 31(火) 4/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
12:00             ●12:00
14:00       ●14:00 ●14:00 ●14:00  
14:30     我プ●14:30        
16:00             刻ミ●16:00
19:00     刻プ●19:00     我ミ●19:00  
19:30       ●19:30 刻ミ●19:30    

【 刻 】= ASSHメンバー主体 【 我 】= 客演メンバー主体のプロデュース公演
【 プ 】= プレビュー公演 【 ミ 】= 開演前にミニイベント予定

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年2月20日(金)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 4,000円

プレビュー公演 2,000円

我・刻共通 6,000円(前売のみ)


リピート 3,000円(要半券提示)

学割 2,500円(要学生証提示)

キャスト

多智花孝彰 創木希美 黒谷左近 クシダ杏沙 宇都宮快斗 ちひろ 貴哉 まつだ壱岱 (以上ASSH) 安藤彩華(キャストコーポレーション) イヅツダイスケ(OFFICE BLUE) 竹村奈津(三木プロダクション) 小高陽一(BORN TO RUN) 篠崎祐樹 永田杏也子 鵜飼主水 井田真悟 渡辺芳博(虚構の劇団) 鈴木翠(fishapod、思誠館道場) 井家久美子(劇団アニマル王子) 後藤文一郎(AB[a:b:]) えんどうたいと 川島田ユミヲ 龍野久美子 岩間香織(歌舞人) 浜田もり平(楽珍トリオ、WAHAHA本舗) 元気安(WAHAHA本舗) 森江健太 JIN アヤナ

スタッフ

作・演出:まつだ壱岱 舞台監督:伊藤清一  照明:奥田賢太(colore) 音響:吉田望(ORANGE COYOTE) 舞台美術:ソマリ工房 映像制作:徘徊金魚 衣装:kling klong a.k.a.non / ASSH 殺陣振付:田中聡(X-クロス) 日舞振付:篠崎祐樹 宣伝美術:森岳也 a.k.a.TAIDA 宣伝写真:東京神父(KUBRICK DESIGN) WEB制作:櫻井正明 記録:Little Wolf Film 制作:ASSH 制作協力:J-Stage Navi

協 力

WAHAHA本舗 (株)キャストコーポレーション (株)三木プロダクション (株)ボーントゥラン (株)寿源夢-JUGEM- (有)オフィス松田 OFFICE BLUE 虚構の劇団 fishapod 思誠館道場 劇団アニマル王子 AB[a:b:] 歌舞人 X-クロス 楽珍トリオ 田中太山 CHAMI 池袋シアターグリーン

このページのトップへ ▲

「 シーチキンサンライズ 09 」

宣伝写真

2007年初演時に大きな反響を呼び、再演の呼び声が高かった本作品が
DIAMOND☆DOGSの原知宏を客演に迎え、さらにパワーアップして帰ってきます!


 栄光と挫折…人生に大きな差ができてしまった漫才コンビ[シーチキン]の
 再結成興行の日に“見えてしまった”人と人の間に流れる物語。

劇 場
日 程

2009年3月26日(木)〜 3月31日(火)

 
  3/23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28(土) 29(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
15:00              
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00
  30(月) 31(火) 4/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
14:00              
15:00   ●15:00          
19:00 ●19:00            
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分間前。

  • 10歳以下のお客様のご入場はご遠慮いただいております。

  • 上演時間 1時間50分(予定)

前売開始

2009年2月17日(火)

チケット 全席指定

前売 4,000円 当日 4,500円

キャスト

村上隆文 原知宏(DIAMOND☆DOGS) 渡辺かな子 櫻井幸瑠 上村公臣代 平井孝幸 ミツハシサエ 土田愛実 空 窪田真也 坂口アミ 張替慎貴 今井恒允 金光健真 金井千佳 針生楊志夫

スタッフ

脚本・演出:友澤晃一 美術:橋本尚子 照明:高山晴彦(PAC) 音響:石神保 舞台監督:山田剛史 演出助手:松嶋沙耶花 宣伝美術:田尻雅美 写真:広瀬真也(SPREAD) 映像撮影:栗山浩 制作:井上恵子 クロタアヤコ はっとりみえ(T1project) J-Stage Navi

協 力

M・G・H (有)シーライオン

製作

T1project

このページのトップへ ▲

「 錫の兵隊と銀の歌姫 」

宣伝写真

まるで人には 愛しあう代わりに お互いが見えなくなる呪いがかけられているように

なにかが終わることすら知らなかった幼いころ、寝るまえになるとせがんだ、おとぎばなし。
海をさまよう幽霊船、カエルになった王子様、履いたら死ぬまで踊り続ける赤い靴、金のタマゴを産むガチョウ、街じゅうの子どもを連れていってしまった笛吹き男。
中でも気に入っていたのは、片足だけのスズの兵隊と、銀の踊り子の物語。

人になろうとして遠く旅を続けている人形たちが、
まだ終わりのないところにあろうとした一人の青年と、その記憶にまつわる路地裏の人々の交錯する姿を、
言葉と言葉でないものによって真似ながら、すれ違いながらも愛しい、ひとつの結末へと紡いでいきます。

大正時代に建てられたデザイン窓が囲む美しい木調の重要文化財で、和と洋の匂い漂う時間が降り積もった空間に繰り広げられる、不思議で、少しこわくて、ちょっぴりおかしい、めくられる紙芝居のような、七〇分間の儚組舞台。

  • ■ 読売新聞シティライフ 2月24日(火)夕刊 掲載 ■

  • ■ 演劇ぶっく 3月9日(月)発売号 掲載 ■

劇 場
日 程

2009年3月12日(木)〜 3月15日(月)

 
  3/9(月) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14(土) 15(日)
15:30           ●15:30 ●15:30
19:00       ●19:00 ●19:00    

【 託 】= 託児サービスあり

  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の40分前。

  • 開演5分前を過ぎますと混雑状況によりお席の確保が出来ない場合がございます。予めご了承ください。

前売開始

2009年2月5日(木)

チケット 全席自由

前売 2,800円 当日 2,800円

キャスト

佐々木康予 船井那女 早瀬あおい ののゆうこ 守祥子((株)エム・アール) 海菜 たまえ 今村まりこ 西村麻衣 ほか

スタッフ

台本・演出:面高純一 音楽:橋本裕子 美術:船井那女 うらべあづき 井上佳子 振付:嶋田敬子 宣伝美術:木内美羽(mius) 運営事務:中台祐子 劇場受付:早川あゆ(J-Stage Navi) Hip up sisters 制作協力:J-Stage Navi

協 力

青二才晃 中山真樹子 海菜 稲垣菜穂子 加藤久子 野田武史 井町良明 ほか

制 作

Transient Office

このページのトップへ ▲

「 捨てちまえ、脳 」

宣伝写真

【ストーリー】

【コメント】

◇不正を帳消しにすることと引き換えに出された上司からの仕事とは・・・?
文化の違いに苦悩する男『異文化コミニケーション』
◇売れないお笑い芸人とユーモア好き店長のとある一日。景気の悪い不動産屋が再起をかける『ヤドカリ』
◇イタズラに日々を過ごす夫に妻が仕掛けたイタズラ『秘密の報告』
◇思わぬところからの一本の電話・・・。一人の男の人生までも変える『サークル オブ フレンズ』
◇真面目な新米キャバクラ嬢には苦情が殺到!!生まれて初めての水商売『さなぎ』
◇欧米ではすでに定着しつつある職業。しかし日本ではいまいち認知度の低い『サイコセラピスト』
◇夢を追いかける男、現実を見る女。男と女は別の生き物かもしれない・・・『捨てちまえ、脳』

「人生なんぞ切りとりゃ短編オムニバス」をテーマにスマッシュルームズがお届けする、ブラックでナンセンスな物語

劇 場
日 程

2009年3月5日(木)〜 3月8日(日)

 
  3/2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00       ●19:00 ●19:00 ●19:00  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年1月15日(木)

チケット 全席自由

前売 2,500円 当日 2,500円

キャスト

大川圭介 桜井美弥乃(プロダクション・タンク) 加藤智恵(本田ライダーズ) 河原雅幸(劇団☆錦魚鉢) 市川悟(よしもとクリエイティブ・エイジェンシー)

スタッフ

作・演出:中山純平 照明:高橋登志江 音響:樋口亜弓 舞台監督:植木学(散歩道楽) 制作協力:J-Stage Navi

このページのトップへ ▲

「 カブ太が嘘をついた 」

宣伝写真

【ストーリー】

【コメント】

寂れた商店街が復興の為に打って出た秘策、それはコンビの漫画家が描く人気作品「カブ太くん」の街と称して生まれ変わることだった。
念願の企画が通り、出版社、イベント会社と共に送るセレモニー当日、「カブ太くん」を描いた漫画家の登場によりセレモニー直前に混乱が起こる。
商店街、出版社、イベント会社と漫画家、それぞれの思惑がぶつかり合い、嘘が嘘を呼び起こす事態に発展していってしまう。
嘘の中に埋もれた真実は、明らかとなるのか? そしてセレモニーは無事開催できるのか。
劇屋いっぷく堂が送るリアルタイム・シチュエーションコメディ!

  • ■ 1月28日(水) 朝日新聞夕刊 掲載 ■

  • ■ 2月7日(土) a.m.10:30〜11:00 調布FMラジオボンバー 出演 ■

  • ■ 2月10日(火) 読売新聞夕刊 掲載 ■

劇 場
日 程

2009年2月18日(水)〜 2月22日(日)

 
  2/16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21(土) 22(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
19:00           ●19:00  
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30    
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2009年1月23日(金)

チケット 全席指定

前売 2,800円 当日 3,000円

キャスト

前田智信 広瀬綾子 中川雄介 山口洋哉 山本あんり 酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ) 森谷あずさ(スターダス・21) 吉田さとし 逢澤純世 さとう波子 吉河龍(クレイズ) 森泰隆(風凛華斬) 酒井孝祥 川瀬ゆう子 山本ともひろ 高木直子

スタッフ

作・演出:落合隆 舞台監督:鈴木年男 舞台美術:吾郷順治(A.G.O(アーティスティック・グローバル・オーガニゼーション)) 照明:池上英輝(六工房) 音響:高居長広 宣伝美術:くがちえ 当日受付:J-Stage Navi/Hip up sisters WEB協力:リビウス・デザイン・ワークス 制作:うぐいす企画/J-Stage Navi

このページのトップへ ▲

「 地球の思い出・・・。Memories of the earthキングモンキー3世・復活公演

宣伝写真

【ストーリー】

地球の平和を守る為、宇宙の彼方からやって来た4人の男(けっこうオジサン)。
20年以上も守り続けた(注・特に守るべく脅威は一度も無かった)地球が
ある日、悪の宇宙人(ぽい人)によっていよいよ破滅に導かれる(と思われる)
地球の平和を守るため、愛する商店街を救う為、ついに男達は立ち上がる(予定)!

【コメント】

キングモンキー3世→しばいのキングモンキー
1995年、元東京壱組の岩尾万太郎を中心に結成。
元サンシャインボーイズの福島三郎の脚本「夜明けのモンキーショー」にて旗揚げ、いきなり1400人の動員を果たす。
僅か5年、8本の公演ではあったが、第二回公演よりシナリオライター笠井健夫が座付き作家として加わり、良質なコメディーを提供してきた。2000年春、解散。
今回、8年ぶりに、メンバーが集結。
大人に(いやオッサンに)なったメンバーの新作は、かなり笑える、に違いない。

  • ■ 1月20日(火) 読売新聞夕刊 掲載 ■

劇 場
日 程

2009年2月11日(水)〜 2月15日(日)

 
  2/9(月) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14(土) 15(日)
14:00     ●14:00   ●14:00 ●14:00 ●14:00
19:30     ●19:30 ●19:30 ●19:30 ●19:30  
  • 開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2008年12月15日(月)

チケット 全席指定

前売 3,500円 当日 3,800円

キャスト

原元太仁 佐々木康仁 岩尾万太郎 柳東士 森豪士 高橋和久 内田びん太 伊勢谷達哉 奈良谷優季 樹原ゆり 斎藤萌子 久保浩子 山崎菜津 森幸子

スタッフ

脚本:笠井健夫 演出:岩尾万太郎 演出助手:桃井深雪(劇団俳協) 舞台監督:藤本典江 舞台美術:遠藤哲司 照明:赤石諭 音響:近藤達史 遠藤憲 チラシレイアウト:木村茜 制作:J-Stage Navi (島田敦子 田中絵美)

企画・製作

KM3

このページのトップへ ▲

「 雨とレインコート 」

宣伝写真

【ストーリー】

とある家の1階部分。
 うだるような暑さの八月。
 引きこもりの男と父親と再婚した母親、そして妹の家。
 廊下を隔てて時間が逆行している。
男は29歳にもなり、無職。
 母親は30歳のまだ若い女。
 妹は家族に無関心な普通の女。
 
 男は出会い系サイトで知り合った女と色んな妄想を話し合う。
 しかし、女は帰ると言い出してしまう。
 男はその女を愛してしまう。
 母親は父親の浮気に悩んでいた。
 そして自分の血のつながっていない引きこもりの息子にも嫌気が差していた。
 
 そんな時、隣人の幸せの会の会長と出会い、働くことを勧められる。
 女は夜の仕事を始めてしまう。
息子の高校時代の教師が女の客になり、心配だと家を訪ねてくる。
 教師は紳士的で母親の話を聞いてくれる。
 そんな教師に心を許し始めた。
 二人の関係は2階へ続く階段で行われていた。
 そこで自分の逃げられない弱さを露呈してしまう。
 
 そんな家庭に同級生や隣の家の宗教家、警察官など様々な人間が現れ、家をかき回していってしまう。
 みんな何か欠落していて、悲しいけど憎めない人達。
 その日常と非日常の中で存在する時間を愛すべき人間が一生懸命、自分を問い続ける。
 そんなお話。

雨の音と暑さが夏の匂いを感じさせる。
レインコートにはじかれている雨が、はかなくも見える。
「雨とレインコート」交わるが、きっと交わらない。

【コメント】

劇 場
日 程

2009年1月28日(水)〜 2月1日(日)

 
  1/26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 31(土) 2/1(日)
14:00         ●14:00 ●14:00 ●14:00
19:00     ●19:00 ●19:00 ●19:00 ●19:00  
前売開始

2008年12月29日(月)

チケット 全席自由

前売 3,000円 当日 3,200円

キャスト

荻山博史(演劇ユニットsmokers) 佐藤恭子(カムカムミニキーナ) 鈴木貴子(劇団青年座) 栂村年宣(BQ MAP) 古市海見子(メタリック農家) 松本たけひろ(ラズカルズ) 吉牟田眞奈(THE SHAMPOO HAT) 佐藤宙輝(フルーチョ) 熊坂貢児(フルーチョ)

スタッフ

脚本・演出:熊坂貢児 美術:杣谷昌洋 照明:橋本剛(colore) 音響:会沢みゆき 舞台監督:鳥養友美 制作助手:宅野美穂 制作協力:J-Stage Navi 宣伝美術:田尻雅美 写真撮影:松田優子 演出助手:蓮見理

このページのトップへ ▲

「 パラダイス・ロスト 」

宣伝写真

【ストーリー】

【コメント】

劇 場
日 程

2009年1月8日(木)〜 1月12日(月)

 
  1/5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10(土) 11(日)
14:00           ●14:00 ●14:00
18:00           ●18:00 ●18:00
19:30       ●19:30 ●19:30    
  12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
14:00 ●14:00            
18:00              
19:30              
  • 開場は開演の30分前。受付開始、整理券発行は開演の45分前。

  • 12歳以下のお客様のご入場はご遠慮頂いております。

  • 本公演は自由席のため、ご来場順に場内へご案内いたします。良い席をご希望のお客様はお早めにご来場頂きますようお願いします。

  • 演出の都合上、開演後のご入場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

前売開始

2008年12月8日(月)

チケット 全席自由

前売 3,000円 当日 3,000円

キャスト

守美樹 松嶋沙耶花 渡邉雅子 田中佑 金井千佳 張替慎貴 / 今井恒允 龍田知美 鈴木克昌 箕輪達昭

スタッフ

作・演出:大橋秀和 音響:高沼薫 照明:床田光世(クロムモリブデン) 美術・舞台監督:川口俊和 宣伝美術:太田京子 写真:広瀬 真也(SPREAD) 撮影:栗山浩 演出助手:箕輪達昭 制作:クロタアヤコ 井上恵子 制作補佐:鈴木佳代 服部都弥恵 制作協力:J-Stage Navi プロデュース:T1project

このページのトップへ ▲

「 ディア・パーヴロヴィチ 」

宣伝写真

【ストーリー】

町は財政破綻の危機に瀕している。チェーホフの悲劇を上演している市民劇団は、その煽りを受け存続の危機に晒されてしまう。市民劇団が公演を続けさせて貰える条件は、悲劇ではなく『喜劇』を演じる事であった。
喜劇を演じたことのない彼らが、町に笑顔を取り戻すことができるのか。

【コメント】

2007年に上演し好評を得た作品を大幅に改定しての再演。喜劇界を代表する役者桜金造を迎え、喜劇を書いたのに喜劇として上演されなかったために地団太を踏んだチェーホフに捧げるシチュエーションコメディ。

劇 場
日 程

2009年1月8日(木)〜 1月12日(月)

 
  1/5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10(土) 11(日)
13:30           ●13:30 ●13:30
17:00             ●17:00
19:00       ●19:00 ●19:00    
  12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
13:30 ●13:30            
17:00              
19:00              

・開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。

前売開始

2008年11月27日(木)

チケット 全席指定

前売 4,500円 当日 4,800円

キャスト

浅井伸治 東間誠司 出水由起子(突スタイル) 上山学 浦出華代 大森照子 唐沢龍之介 喜瀬太一郎 串山麻衣 栗山永吾 小久保英明(てにどう) 小島啓寿 小林あや 小森理 税所伊久磨 櫻井俊輔 下田屋有依 白鳥光治 城間真(地球部) 水津亜子 多賀友紀 田中清貴 田村浩子 坪内悟 堀川炎(世田谷シルク) 吉田陽祐(演劇集団3Days) 渡部遼介 / 桜金造

スタッフ

作・演出:工藤剛士 舞台監督:松本翠 舞台美術:青木拓也 照明:加島茜 音響:坂知学 宣伝美術:小林鉄平 写真:市川博繁 衣装:摩耶 ダンス振付:金崎敬江(picoLoop%) 制作協力:J-Stage Navi 企画:玉井智之 製作:玉井工藤演劇事務所(ttk)

このページのトップへ ▲

Copyright © 2008 - 2009 J-Stage Navi All rights reserved.

このページのトップへ ▲